施設説明

江東区若洲と中央防波堤外側埋立地を結ぶ、全長2,618メートルの橋。増大する東京港の物流車両をスムーズに通行させ、輸送時間の短縮を図るために整備された。この橋は羽田空港に近接しており、建造する高さへの制限と、航行する船舶の安全確保のために十分な桁下の高さが必要、という理由から特徴的なフォルムをしている。そのため、高い主塔が必要な吊り橋などではなく「トラス構造」を採用し、物流車両など1日に約3万2000台が通行する橋梁の安定性と耐久性に優れている。また海面から橋の最上部までの高さが25階建てのビルに相当する高さを有する。若洲から中央防波堤外側埋立地の間で片側(港内側)に歩道が設置されており、都心から富士山まで壮大な景色を楽しむことができる。JR京葉線、有楽町線、りんかい線「新木場」駅で下車、都バス「木11系統」の「若洲キャンプ場」行きに乗り、終点「若洲キャンプ場前」下車。

施設基本情報

  • 住所

    136-0083

    東京都江東区若洲~中央防波堤外側埋立地

  • 最寄駅
    新木場 駅
    ・ 京葉線
    ・ 東京メトロ有楽町線
    ・ りんかい線
  • 電話
    03-5442-2282

    Our staff may only be able to communicate in Japanese.

  • 定休日
    無休
    ※歩道:毎月第3火曜日及び12月の第1火曜日(但し、当日が祝日の場合、翌日が休み) ※天候等により、通行止めになる場合があります