施設説明

石洞美術館は、千住金属工業株式会社の社長・会長を歴任した実業家、佐藤千壽が、60年あまりの歳月をかけて収集した美術品を中心に展示。美術館の名称は、佐藤の雅号「石洞」から名付けられたものである(※雅号とは文人・画家・書家などが、本名以外につける風雅な名のこと)。 所蔵品は多岐にわたり、中国をはじめ世界各地の陶磁器1,000件の他、茶の湯釜、ガンダーラの仏像、漆器、青銅器、玉器など。これらの作品を中心に、年3回程度、企画展を開催している。建物は銅板葺きおろしの屋根、煉瓦タイル貼の六角形のユニークな外観が印象的。1階と2階の展示室は、らせん状のスロープで繋がっているため、高齢者でも観覧しやすくなっている。アクセスは千住大橋駅より徒歩3分、千住金属工業本社ビル1・2F。

施設基本情報

  • 住所

    120-0038

    東京都足立区千住橋戸町23番地

  • 最寄駅
    千住大橋 駅
    ・ 京成本線
    徒歩3分
  • 電話
    03-3888-7520

    Our staff may only be able to communicate in Japanese.

  • 営業時間
    火曜日 10:00 - 17:00
    水曜日 10:00 - 17:00
    木曜日 10:00 - 17:00
    金曜日 10:00 - 17:00
    土曜日 10:00 - 17:00
    日曜日 10:00 - 17:00
  • 定休日
    月曜日
    祝日、振替休日の場合は翌日休館。展示替え期間、夏季、年末年始