HOME 自由が丘 多摩川台古墳群
  • 多摩川台古墳群

多摩川台古墳群

施設説明

多摩川台古墳群は、古墳時代後期の古墳群で古墳は8基存在。築造時期は6世紀前半から7世紀中頃までで、継続して築造された。発掘調査された古墳の横穴式石室内からは、副葬された直刀や鉄鏃等の武器類、耳飾りや各種玉類等の装身具、馬具の轡、土師器や須江器が出土し、墳丘部からは円筒埴輪が発見された。本来、多摩川台古墳群は荏原台古墳群の一支群にあたる。荏原台古墳群の多くの古墳が、都市化の波に埋もれてしまった。そのなかで本古墳が往時の姿をとどめているだけでなく、当時の多摩川下流左岸地域の首長墓群の変遷確認できる貴重な古墳群である。景観もよく、晴れた日には遠く丹沢の山並みや富士山が見える。多摩川八景に選定される。2000年、都指定史跡に指定された。東急線「多摩川」駅より徒歩5分。

施設基本情報

  • 住所

    145-0071

    東京都大田区田園調布1-63 多摩川台公園内

  • 最寄駅
    多摩川 駅
    ・ 東急東横線
    ・ 東急目黒線
    ・ 東急多摩川線
    徒歩5分