施設説明

山手西洋館の一つである山手234番館は、関東大震災により横浜を離れた外国人に戻ってもらうためのアパートメントハウスとして、1927年頃に建設された。建設当時は、4つの同一形式の住戸が、中央部分の玄関ポーチを挟んで対称的に向かい合い、上下に重なる構成であったが、洋風住宅において特有の上げ下げ窓や鎧戸、煙突なども簡素な仕様で採用された。また4世帯ある部屋の間取りは3LDKで、合理的かつコンパクトにまとめられている。第2次世界大戦後の米軍による接収などを経て、1989年に横浜市が歴史的景観の保全を目的に取得。保全改修工事が行なわれた後、1999年から一般公開されている。1階は居間を中心に山手地区の洋館のパネル展示、2階は貸し出しスペースとしてギャラリー展示や会議等に利用されている。みなとみらい線「元町中華街」駅より徒歩10分。山手本通沿いの、山手西洋館のひとつであるエリスマン邸の斜め前に建つ。

施設基本情報

  • 住所

    231-0862

    神奈川県横浜市中区山手町234-1

  • 最寄駅
    元町・中華街 駅
    ・ みなとみらい線
    徒歩10分
  • 電話
    045-625-9393

    Our staff may only be able to communicate in Japanese.

  • 営業時間
    毎日 09:30 - 17:00
    ※7・8月のみ18時まで開館
  • 定休日
    第4水曜日
    (祝日の場合は開館し、翌日休館) 年末年始(12/29~1/3)