施設説明

1981年に開館。真鍋儀十翁などから寄贈された、俳諧師・松尾芭蕉をはじめとした俳文学関係の資料が展示されている。この記念館のある地域で、芭蕉は多くの名句や『おくのほそ道』などの紀行文を残した。1917年9月に起こった台風の高潮の後、芭蕉が愛好したとされる石の蛙が出土したことで、「芭蕉翁古池の跡」と指定された「芭蕉稲荷」もすぐそば。記念館の敷地内には、小さな日本庭園があり芭蕉の俳句にちなんだ花や草木、池や滝が配され、四季折々の風情を楽しむことができるのも魅力。庭園築山には、芭蕉庵(芭蕉が住んだ草庵)を模した茅葺き屋根の祠や有名な俳句が書かれた芭蕉句碑もある。

入館料は大人200円(150円)、小・中学生50円(30円)
※( )内は20名以上の団体料金。

都営新宿線・都営大江戸線「森下」駅A1番出口より徒歩7分。東京メトロ半蔵門線・都営大江戸線「清澄白河」駅A1番出口11分。

施設基本情報

  • 住所

    135-0006

    東京都江東区常盤1-6-3

  • 最寄駅
    森下 駅
    ・ 都営新宿線
    ・ 都営大江戸線
    徒歩7分
  • 電話
    03-3631-1448

    Our staff may only be able to communicate in Japanese.

  • 定休日
    第2月曜日,第4月曜日
    第2・第4月曜日。(ただし祝日の場合は翌日が休館)、年末年始、展示替え期間