施設説明

皇居前広場から正門を経て、宮殿へ至る濠に二つの橋が架かっている。この二つの橋を総称して二重橋といい、手前の橋が正門石橋、奥の橋が正門鉄橋。厳密にいうと二重橋とは奥の橋を指している。名前の由来は、その橋がまだ木造であった頃、橋の架けられていた部分の濠が深く、橋桁を支えるため、途中に台があり二重構造となっていたことから二重橋と呼ばれる。現在の橋は1964年に鉄の橋に架け替えられたもので、皇居内の一般参観コースに含まれおり、橋を通ることが可能だが、通常は使用されず、新年の一般参賀や外国賓客の皇居訪問等宮中の公式行事の際に利用される。桔梗門までのアクセス(皇居、一般参観コースの集合場所)は、東京メトロ千代田線「二重橋前」駅6番出口、又は都営地下鉄三田線「大手町」駅D2出口より徒歩約3分。

施設基本情報

  • 住所

    100-0002

    東京都千代田区皇居外苑1-1

  • 最寄駅
    二重橋前 駅
    ・ 東京メトロ千代田線
    6番出口
    徒歩3分
  • 電話
    03-3213-0095

    Our staff may only be able to communicate in Japanese.