施設説明

1625年、人々の平安を祈るため、慈眼大師天海大僧正によって創られた。江戸時代から、規模だけではなく格式においても日本最大級の寺院となった。戦後、開かれたお寺としての役割を果たすことを目指し、霊園の造成や年中行事の開催、施設観覧の開放などを通し、広く親しまれている。現在も約3万坪の広大な境内地があり、根本中堂のある本寺をはじめ、開山堂、辯天堂、徳川霊廟、輪王殿、パゴダ(仏塔)などの諸堂がある。また、千手観音像を祀る清水観音堂や輪王寺門跡御本坊表門、徳川将軍霊廟勅額門は重要文化財に指定されており、歴史の重みを感じることができる。境内のある上野の杜は桜の名所としても有名で、春には多くの人で賑わう。JR「上野」駅公園口より徒歩8分。

施設基本情報

  • 住所

    110-0002

    東京都台東区上野桜木1-14-11

  • 最寄駅
    上野 駅
    ・ 北海道新幹線
    ・ 東北新幹線
    ・ 秋田新幹線
    ・ 山形新幹線
    ・ 上越新幹線
    ・ 北陸新幹線
    ・ 京浜東北線
    ・ 山手線
    ・ 東北本線
    ・ 宇都宮線
    ・ 高崎線
    ・ 常磐線
    ・ 東京メトロ銀座線
    ・ 東京メトロ日比谷線
    公園口
    徒歩8分
  • 電話
    03-3821-4440

    Our staff may only be able to communicate in Japanese.