施設説明

童謡で「富士はにっぽん一の山」と歌われる、標高3,776メートルの日本最高峰の山である。均整のとれた美しい姿の富士山は、日本の象徴として広く親しまれ、古くは浮世絵師・葛飾北斎の浮世絵の題材になった。現代では「逆さ富士」と呼ばれる、湖に映る美しい姿が紙幣に描かれている。2013年にはユネスコの世界遺産に登録され、国内だけでなく、各国の旅行者が多く訪れる人気観光スポットとなった。登山口である五合目から山頂までは、5~6時間の登山が目安。標高が高く、八合目を超えると酸素も薄くなるので、ゆっくり時間をかけての登山が必要。展望台や、神社・売店もあり、天気が良ければ山中湖・富士吉田市・河口湖などの景観を一望できる。標高2220メートルの五合目までは、有料道路である富士スバルラインや、関東主要都市からの直行バスを利用してアクセス可能。

施設基本情報

  • 住所

    403-0000

    山梨県富士吉田市

  • 最寄駅
    御殿場 駅
    ・ 御殿場線