HOME 神楽坂 聖徳記念絵画館
  • 聖徳記念絵画館

聖徳記念絵画館

施設説明

明治天皇ご生誕から崩御までの事績を後世に伝えるため、明治神宮造営局により1926年に設立された絵画館。明治神宮外苑のシンボルともいわれている。巨岩や大理石、モザイクタイルで装飾され中央にドーム屋根を頂いた重厚な外観の建物は、建築史を知る上でも貴重な史料として、2011年6月に国の重要文化財に指定された。頭上から自然光をふんだんに取り込んだ展示室では、計80枚の日本画・洋画を年代順に展示。近代化に向けて大きく変化していった明治の日本を描いた大壁画は、優れた芸術作品であると同時に時代の流れを感じ取ることができる歴史資料でもある。JR中央、総武線「信濃町」駅、都営大江戸線「国立競技場」駅より徒歩5分。

施設基本情報

  • 住所

    160-0013

    東京都新宿区霞ヶ丘町9

  • 最寄駅
    国立競技場 駅
    ・ 都営大江戸線
    徒歩5分
  • 電話
    03-3401-5179

    Our staff may only be able to communicate in Japanese.

  • 営業時間
    09:00 - 17:00
    最終入館16:30 ※年末年始(12月30日~1月2日)10:00~17:00(最終入館16:30)