施設説明

東京臨海副都心で最も歴史のある海洋博物館。海と船の文化をテーマに、日本の海について知ることができる。一番のみどころは、日本初の南極観測船“宗谷”の展示だ。“宗谷”は耐氷型貨物船として建造され、太平洋戦争を経験。その後は引揚船、灯台補給船、南極観測船、海上保安庁の巡視船を経て退役してからは、現在の場所に保存展示されている。そのほか、客船や貨物船、海上保安庁巡視船や海上自衛隊イージス艦などの様々な船舶模型の展示や、各種映像展示がある。これらすべてを、無料で観覧できるのも魅力だ。また、敷地内のプールを利用した、カヌーやセーリングカヌーの体験教室なども開催(開催日時などについては要確認)。アクセスは新交通ゆりかもめ「船の科学館駅」を下車。

施設基本情報

  • 住所

    135-8587

    東京都品川区東八潮3-1

  • 最寄駅
    船の科学館 駅
    ・ ゆりかもめ
  • 電話
    03-5500-1111

    Our staff may only be able to communicate in Japanese.

  • 営業時間
    火曜日 10:00 - 17:00
    水曜日 10:00 - 17:00
    木曜日 10:00 - 17:00
    金曜日 10:00 - 17:00
    土曜日 10:00 - 17:00
    日曜日 10:00 - 17:00
  • 定休日
    月曜日
    祝日の場合は火曜日休館。年末年始(12/28~1/3)