HOME 東京駅 東京国立近代美術館フィルムセンター
  • 東京国立近代美術館フィルムセンター
  • 東京国立近代美術館フィルムセンター
  • 東京国立近代美術館フィルムセンター

東京国立近代美術館フィルムセンター

施設説明

東京国立近代美術館フィルムセンターは、内外の映画フィルム及び映画関係資料の収集・保存・復元活動を行っている。最初期の日本映画のフィルムも所蔵されており、9代目市川団十郎と5代目尾上菊五郎の歌舞伎を記録した『紅葉狩』や、1921年に摂政宮(後の昭和天皇)が見学した尾上松之助の実演を収めた『史劇 楠公訣別』、歯磨きで知られるライオンの創業者小林富次郎の葬儀を撮影した『小林富次郎葬儀』は、重要文化財に指定されている。常設展示の「日本映画の歴史」では、古い映写機やポスター、雑誌といった貴重な映画資料を観覧できる。大・小ふたつのホールでは、さまざまな映画の上映を楽しめる。アクセスは、東京メトロ銀座線「京橋」駅、都営地下鉄浅草線「宝町」駅から徒歩1分。

施設基本情報

  • 住所

    104-0031

    東京都中央区京橋3-7-6

  • 最寄駅
    京橋 駅
    ・ 東京メトロ銀座線
    1番出口
    徒歩1分
  • 電話
    03-5777-8600

    Our staff may only be able to communicate in Japanese.

  • 営業時間
    火曜日 11:00 - 18:30
    水曜日 11:00 - 18:30
    木曜日 11:00 - 18:30
    金曜日 11:00 - 18:30
    土曜日 11:00 - 18:30
    日曜日 11:00 - 18:30
    図書室は午後0時30分開室。展示室・図書室への入場は18:00まで。
  • 定休日
    月曜日
    年末年始、上映準備・展示替期間。図書室は日曜日も閉室。