施設説明

ブラフ18番館は関東大震災後の大正末期に建築された外国人住宅で、カトリック山手教会の司祭館として1991年まで使用されていた。1993年に山手イタリア山庭園内に移築復元。建物は木造2階建て。1、2階とも中廊下型の平面構成で、暖炉と煙突、ベイウィンドウ、上げ下げ窓と鎧戸、南側のバルコニーとサンルームなど震災前の外国人住宅の特徴を残しながらも、モルタル吹き付け仕上げにるすなど防災を考慮した造りとなっている。館内には元町で製作されていた当時の横浜家具を復元して展示するなど、震災復元期の外国人住宅での暮らしを再現し一般公開。本館につながる付属棟は、貸し出しスペースとして利用できる。週末には、100年前のピアノのあるお部屋でサロンコンサートなどのイベントも開催している。JR「石川町」駅より徒歩5分

施設基本情報

  • 住所

    231-0862

    神奈川県横浜市中区山手町16

  • 最寄駅
    石川町 駅
    ・ 根岸線
    徒歩5分
  • 電話
    045-662-6318

    Our staff may only be able to communicate in Japanese.

  • 営業時間
    09:30 - 17:00
    (7・8月は18:00まで延長)
  • 定休日
    第2水曜日
    第二水曜日休日の場合翌日休業・年末年始(12/29~1/3)