施設説明

ルネサンス様式の洋館であり、イギリスの建築家ジョサイア・コンドル氏によって設計された。1915年の竣工後、洋画家である黒田清輝によって館内の内装などが整えられた。その後、1962年には清泉女子大学の校舎として利用され、学生に本物の文化に触れる環境で学んでほしいという思いから、現在も校舎として利用されている。2012年には、その歴史的価値の高さを認められ、東京都有形文化財として登録された。暖炉の彫刻や階段の手摺、ステンドグラスなど、館内には今も建築当時の装飾が残されている。なお、大学本館として使用されているため、学外者が入構できる日程は、一般公開日と毎年開催されているガーデンパーティー、学園祭の期間に限られている。事前に要確認を。JR山手線、都営地下鉄浅草線、東急池上線「五反田」駅より徒歩約10分。

施設基本情報

  • 住所

    141-8642

    東京都品川区東五反田3-16-21

  • 最寄駅
    五反田 駅
    ・ 山手線
    ・ 都営浅草線
    ・ 東急池上線
    東口
    徒歩10分
  • 電話
    03-3447-5551

    Our staff may only be able to communicate in Japanese.