施設説明

1909年、東宮御所(皇太子の居所)として建設されたが、改修され、1974年に現在の迎賓館が完成した。これまでに世界各国の国賓や公賓が宿泊。過去には先進国首脳会議や日本・東南アジア諸国連合特別首脳会議も開催され、国際会議の場としても利用されてきた。建物はネオバロック様式の重厚かつ華麗な洋風建築物。屋根は銅板葺、外壁は花崗岩によって造られており、日本の甲冑を形どった飾りや菊の紋章などの装飾と相まって、調和がとれた美しさとして評価されている。これまで、建物内部の公開は、毎年一度(主に夏)だけだったが、2016年4月からは、海外のお客様の接遇に支障のない範囲で、公開期間等を拡大予定。詳しくは、迎賓館ホームページ参照。アクセスはJR中央線・総武線、東京メトロ丸ノ内線・南北線「四ッ谷」駅より徒歩7分。

施設基本情報

  • 住所

    107-0051

    東京都新宿区四谷

  • 最寄駅
    四ツ谷 駅
    ・ 中央本線
    ・ 東京メトロ丸ノ内線
    ・ 東京メトロ南北線
    赤坂口
    徒歩7分