HOME 東京・東京周辺 東京 上野 終電なんて気にしない!ちょっと大人な上野の夜遊びスポット3選
終電なんて気にしない!ちょっと大人な上野の夜遊びスポット3選

終電なんて気にしない!ちょっと大人な上野の夜遊びスポット3選

公開日: 2020/06/22

下町の風情が残るエリアや歴史的な建造物が多い東京・上野は、外国人観光客からも人気の観光スポット。実は終電を気にせずに楽しめる夜遊びスポットも多く、個性的なお店からその日の気分に合わせて選べます。

ライブやショーなどの本格的なエンターテインメントを楽しめるお店やダーツ&スポーツバー、じっくりお酒を味わえるお店などなど。今回は、外国人観光客にも人気のスポットを厳選して3つご紹介します。

本格的なポールダンスやDJのプレイがゴキゲンな「Classic Tokyo」

本格的なポールダンスやDJのプレイがゴキゲンな「Classic Tokyo」

仲町通りの喧騒から1本道を入って数メートル、外観から異彩を放つのが「Classic Tokyo」。この界隈では唯一といっていい、DJプレイやダンスショーなど、質の高いエンターテインメントが日替わりで楽しめるナイトクラブです。

ライブパフォーマンスはどれも本格派。人気のDJがプレイするほか、ミュージシャンが登場してライブを行う日もあります。

女性にも人気のポールダンスやバーレスクダンスのショーも日替わりで開催しています。しっかり鍛えられたダンサーのセクシーで美しい踊りは、圧巻。間近で観れば、その迫力と芸術性の高さに息をのむほど。

しかも、ショーやライブの合間には、ダンサーやミュージシャンも一緒になってフロアで楽しむ光景が! フレンドリーなスタッフが盛り上げ役を買ってくれるせいか、出演者もリラックスしてお客様と接してくれるそうです。また常時英語と中国語は話せるスタッフがいるので、外国人の方も安心です。

入場料は、男性は22時まで無料、2000円(税込)で飲み放題が利用できます。22時以降は1500円(税込・1ドリンク付)に。女性はオールタイム入場無料、23時までなら1000円(税込)で飲み放題も利用OK。これほどのエンターテインメントが食事や飲み物の料金だけで楽しめるのは、驚きです。

エンターテインメントの楽しさに加えて、お料理や飲み物がおいしいのもこのお店が人気のポイント。見た目も華やかで味も本格的な料理が楽しめます。

料理は手前から時計回りに「生パスタのアマトリチャーナ 」1000円(税込)、「オニオンリングタワー 」700円(税込)、「アメリカンシュリンプカクテル 特製カクテルソース 」900円(税込)、「フルーツトマトとチェリー モッツァレラのコロコロカプレーゼ 」800円(税込)、「ローストビーフ黒トリュフ グレイビーソース」 1900円(税込)。

女性にうれしい「プチドルチェスタンド」は2000円(税込)。

「フレッシュモヒート」 1200円(税込)

「フレッシュフルーツのオリジナルカクテル」は 1000円(税込)~。カクテルは、リクエストすれば好きなフルーツを使ってオリジナルで作ってくれます。

フルーツを浮かべた「グラスシャンパン 」800円(税込)

ライブパフォーマンスのプログラムは、日替わり制。基本的に月曜日はバー営業のみ、火曜日はhip-hopオンリーのDJプレイ、水・木・金・土はダンスショーとDJのパフォーマンスが行われます。また毎月第3土曜日はk-POPのライブ、第4土曜日はドラァグクィーンによるショーを予定。いつ行ってもエンターテインメントの楽しさを満喫できるプログラムが用意されていますが、内容は変わることもあります。気になる方は公式ホームページで確認してからお出かけを。

  • Classic Tokyo
    • 住所 東京都台東区上野2-9-6 大和ビル1F CLASSIC
    • 最寄駅 JR上野駅・御徒町駅、つくばエクスプレス新御徒町駅から徒歩3分
    • 電話 03-5826-8008
    • 営業時間:月~木曜日19:00~3:30、金・土曜日19:00~4:30
      定休日:日曜日

ガレットをおつまみに世界のシードルを味わう「BAR LEON」

ガレットをおつまみに世界のシードルを味わう「BAR LEON」

JR「上野」駅から徒歩5分、真っ赤な手すりの階段を上り、扉を開けると広がるのは赤と黒を基調とした空間「BAR LEON」。ウッディなフロアに置かれたソファはゆったりとして、ゆっくりお酒を味わうのにぴったり。カウンター席とフロア席があり、一人でも、カップルでも、仲間と訪れても楽しめます。

同店の看板メニューともいえるのが、りんごのお酒である「シードル」と、フランスのブルターニュ地方の郷土料理である「ガレット」。シードル(cidre)を英語読みしたものがサイダー(cider)で(スペルはちょっと違いますが)、欧米ではサイダーもりんごのお酒のことを指します。

実は、シードルはフランスではなく世界中で作られているお酒。最近では日本でもりんごの産地で造られるようになってきています。「BAR LEON」では、日本産をはじめ、世界各国のシードルが飲めるのです。

棚には、世界各国から日本に届いたシードルがずらり。

取材時、棚にあったシードルは左から林檎学校醸造所(長野)、ギルビック(フランス)、ポスマン(ドイツ)、ベアレン ドライサイダー(岩手)、ウィリー・スミス オーガニック(タスマニア)、ラシャス ポワレフレッシュ(フランス)、ツータウンズ アウトサイダー(オレゴン)、オリジナルシン ブラックウィドウ ブラックベリー&アップルサイダー(ニューヨーク)、オリジナルシン フジ アンフィルタードサイダー(ニューヨーク)、ホークス アーバンオーチャード(イギリス)。ビン、缶に詰められた世界のシードルは、常時10種類ほどが用意されています。1~2週間程度でどんどん入れ替わっていくので、こちらのラインナップがあるとは限りません。値段は1500円~(税別)。

また、どこに行っても生のお酒といえばビールですが、ここでは「生シードル」が定番。常時2種類用意されていて、2週間程度で他の種類と入れ替わります。

シードルのお供が「ガレット」。注文を受けてからその場で焼き上げてくれます。

ガレットは、そば粉で作るクレープです。たくさんの種類が用意されているので、食事としても、おつまみとしても楽しめます。写真は「ガレット・コンプレット(ハム・卵・チーズ)」1200円(税別)とフランス産のシードル HEROUT(エルー)のグラス1100円(税別)。シードルは、シードルボウルで飲むのが本場フランスの習慣です。値段は各種グラス売り950円(税別)〜、ボトル売り3500円(税別)〜。

シードル以外のお酒も豊富。カクテルなどもリクエストに応じて作ってくれます。もちろん、ガレット以外のおつまみも。「牛ハラミのバベットステーキ」 2500円(税別)などもあるので、お腹の空き具合やお酒に合わせてお試しください。

  • BAR LEON
    • 住所 東京都台東区上野2-11-1 KIIビル 2F
    • 最寄駅 東京メトロ銀座線上野広小路駅から徒歩3分、JR各線上野駅から徒歩5分
    • 電話 03-3833-9833
    • 営業時間:18:00~翌4:00
      定休日:日曜日

ダーツやスポーツ観戦で朝まで陽気に! 「ロスカボス上野御徒町店」

ダーツやスポーツ観戦で朝まで陽気に! 「ロスカボス上野御徒町店」

春日通りに面した入り口から地下へ。階段を下りる間にも、タイムスリップしたような雰囲気が味わえる「ロスカボス上野御徒町店」。ここは古き良きアメリカのバーを思わせる空間で、思い思いの時間が過ごせます。

店内はカウンターのほかに、カウンターチェアが配されたテーブル席やソファでゆったりくつろげる席があり、使い方もいろいろ。一人で来たときはカウンターに、ダーツなどを楽しみたいときは身軽に動けるテーブル席に、じっくりスポーツ観戦するならソファ席で、といった具合に、遊び方や人数に合わせて利用できます。

スクリーンでは、常時話題のスポーツの試合を上映。世界的な大会が開催されているときは注目の試合がライブで観戦できます。

ダーツマシンは、3台。1ゲーム100円(税込)で遊べます。手ぶらで来て、ハウスダーツを借りてもよし、マイダーツを持ち込んでもよしなので、気分がノったら気軽にトライできます。

また「ロスカボス」は、お料理のおいしさでも評判。会社帰りに食事に立ち寄る人も多いとか。お酒の種類も豊富なので、合わせて楽しめます。

「モチモチ芋もちのたらもピッツァ」1190円(税込)
「海老とアボカドの彩りサラダ」890円(税込)
「ステーキ&ガーリック炒飯1750円」(税込)

チャージ料金500円(税込)でその日の気分で遊べる使い勝手の良さで人気のスポットです。

  • ロスカボス上野御徒町店
    • 住所 東京都台東区上野1-20-9 セラリゾーツ上野御徒町店 B1F
    • 最寄駅 各線上野御徒町駅A4出口から徒歩30秒、東京メトロ千代田線湯島駅から徒歩2分、JR御徒町駅北口から徒歩2分、京成上野駅 JR上野駅広小路口から徒歩5分
    • 電話 0120-922-178
    • 営業時間:月~土・祝前日18:00~翌5:00、日・祝日18:00~23:00
      定休日:なし

上野で人気の夜遊びスポットは、どこの国の人も気軽に遊べるお店が多いのも特徴。特に今回ご紹介した3店は、値段もわかりやすく、初めてでも安心して楽しめます。

<筆者プロフィール>
株式会社ダリコーポレーション 小西尚美
紙・webなど媒体は問わず、暮らしのあれこれの取材やインタビュー記事を多く手がけています。アスリートが多め、市井の人が持つ物語も好き。若干、健康オタクなので、健康に関する取材だと体温上がり気味に。

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

検索