HOME 東京・東京周辺 東京 東京駅 よく食べられるね…アメリカ人が日本に来てショックを受けた6つの理由
よく食べられるね…アメリカ人が日本に来てショックを受けた6つの理由

よく食べられるね…アメリカ人が日本に来てショックを受けた6つの理由

公開日: 2020/02/07
更新日: 2020/02/10

2019年の年間訪日外国人数は3100万人以上。そのうちの150万人以上がアメリカ人です。年々多くのアメリカ人が日本を訪れていますが、日本に旅行に来て彼らが衝撃を受けたことは、どのようなことでしょうか。日本人では思いつかないとてもユニークな回答があったので、早速見ていきましょう!(コメントは回答者の個人的な意見です)

アメリカで食べる人はほぼいない! 日本にはレバー料理がたくさん

アメリカで食べる人はほぼいない! 日本にはレバー料理がたくさん

今回インタビューをしたアメリカ人男性が日本で一番驚いたのは食事が全く違うことでした。イメージしていた日本食とは違った物がたくさんあったとのことです。

「アメリカではレバーを普通は食べないんだ。子どもの時は、おしおきとしてレバーを食べろ!と冗談で言い合うほどだよ」

おしおきと言われるほど、アメリカでレバーを食べることはほぼないそうですが、日本にきてモツなどの内蔵をよく食べられていることに驚いたそう。そして何よりもびっくりしたのは、とてもおいしかったこと。特にモツはとても気に入ったそうで、滞在中に数回モツ屋に足を運んだというほどです。

日本でしか食べられない!?クジラ肉のジャーキー

日本でしか食べられない!?クジラ肉のジャーキー

日本では地域により、クジラをたべられる場所があります。アメリカ人は日本に来てくじらの肉を見たそう。

「日本でクジラ肉のジャーキーを友人からもらった時はびっくりしたよ。日本人ってクジラを食べるんだね!」

アメリカでは捕鯨問題などによりクジラは食べないそう。帰国直前で友人からジャーキーをもらったというアメリカ人男性。日本ではクジラを食べるんだ!と衝撃を受けたとのことです。日本でも、日常でクジラ肉を食べる地域は少ないとは思いますが、なかなか他の国では食べられないと思うので、試したい外国人もいるかもしれませんね。

外国人に賛否両論の鶏刺しを食す!

外国人に賛否両論の鶏刺しを食す!

生の鶏肉をスライスし、ニンニクやしょうがなどの薬味をいれた醤油につけて食す鶏刺し。アメリカ人で日本に鶏刺しがあると知り、SNSで発信している人たちもいるそうですよ。

「正直、日本に来る前は鶏刺しはすごいまずいものなんだと思っていたよ。友人たちがSNSで、食べるのが怖い!って書いていたんだ。でも食べてみたらとってもおいしくて、びっくりしたよ!」

生の鶏肉を食べることは、外国人にとってはかなり驚きのよう。抵抗ある外国人が多いのかもしれませんが、実際食べてみると気に入ってくれる人も多くいます。今回インタビューをしたアメリカ人男性はとても気に入ってくれ、また日本にきた時は食べてみたいという意見があったほど。アメリカでは食べることがない食材や調理法が日本には多く、食事に関しては驚きの連続だ!とのことでした。

アメリカのウイスキーブランドで、日本限定の商品を発見!

アメリカのウイスキーブランドで、日本限定の商品を発見!
Arne Beruldsen / Shutterstock.com

アメリカのケンタッキー州で生まれたバーボンウイスキーのブランド・ブラントン。紛れもなくアメリカのブランドですが、日本限定商品が出ていて、それが驚くほどおいしいのだとか。

「誰もが知るウイスキーブランドに、日本限定商品があることに驚いたよ!しかも本当においしいんだ。限定商品があるってことは日本人もウイスキーが大好きなんだね。それにもびっくり!」

ブラントンのゴールドエディションは日本のみで売られている限定商品。原酒の中から、最高のクオリティをもつものだけを厳選した商品のため、アメリカ人からもとても注目されている限定商品。今回インタビューしたアメリカ人男性も、兄弟や友人から日本に来る度にお土産で買ってきてほしいと言われるそうです。

全てが衝撃のエンターテイメント!ロボットレストラン

全てが衝撃のエンターテイメント!ロボットレストラン
Morumotto / Shutterstock.com

訪日外国人に爆発的人気のあるロボットレストラン。一度は聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。アメリカ人男性も噂を聞き訪れたそうですが、このエンターテイメントに衝撃を受けたそうです。

「噂では聞いていたけど本当に変わったエンターテイメントだったよ!全てが狂っていて異空間だった!」

ギラギラした店内に風変わりな衣装を着た人々が演奏したり踊ったり……。神輿のようなものや、鬼のお面をかぶった人がでてくるなど、どこか日本の文化を取り入れつつも、怪獣が出てくるなど、とにかく今までにないエンターテイメントだとのこと。アメリカ人男性の隣にいた外国人が、混乱して自分にハグしてきたんだよ!というほど、人々を驚かせるパフォーマンスを終始行うレストランだったそう。日本人にとっても一度は言ってみるとおもしろいかもしれません。

天狗のような下着!? 日本には変わった下着がたくさん!

天狗のような下着!? 日本には変わった下着がたくさん!
Andrea86B / Shutterstock.com

変わった商品がいっぱい売っていると話題の日本ですが、類にもれず下着もかなり変わったものがいっぱいあり驚いたそう。

「なにかのノベルティだったんだけど、天狗のような形をした下着があったんだ!衝撃だったよ!友達にお土産として渡したよ(笑)」

変わった商品を集めた雑貨屋などで売られる面白い下着。アメリカ人男性は天狗の鼻がついている下着をもらったようで、日本のユーモアにとても驚いたとのこと。また、風変わりな下着ばかりが販売されている自動販売機もあり、一部の外国人の中で人気が出ているそうですよ。

今回インタビューしたアメリカ人男性の場合、日本の景観などはアメリカとさほど変わりがないものの、食べ物や売っているものを中心に違いがたくさんあり衝撃を受けたとのことでした。ぜひアメリカ人の友達が来た時の、アメリカにはない日本の魅力を伝える参考になればと思います。

Written by:

Fujico

Fujico

東京都生まれ。2015年にフリーライターとして独立。北米での留学・就労経験もあり、英日の翻訳・通訳も行う。東京の島・伊豆諸島をこよなく愛し、月に1度はどこかの島にいます!

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

検索