• 銕仙会能楽研修所
  • 銕仙会能楽研修所
  • 銕仙会能楽研修所
  • 銕仙会能楽研修所
  • 銕仙会能楽研修所

銕仙会能楽研修所

イベント一覧

掲載中の情報はありません。

5件
  • ふらっと能楽体験@表参道
    日本の文化

    ふらっと能楽体験@表参道 2020/06/19まで

    イベント説明・条件をみる
    • 開催期間 2020/03/27 10:00 - 2020/06/19 12:00
    • 料金 3,000円(税込)
    • イベント詳細 能楽師による能や舞台の解説、仕舞の実演と、能舞台での謡と型の体験ワークショップです。
      能面や装束なども実際にご覧頂けます。
      写真撮影も可能です(能面と能装束は除きます)。

      <開催日>
      2020年
       3月27日(金)午前10時〜12時(2時間)
       4月4日(土)午前10時〜12時(2時間)
       4月24日(金)午前10時〜12時(2時間)
       5月1日(金)午前10時〜12時(2時間)
       5月22日(金)午前10時〜12時(2時間)
       6月5日(金)午前10時〜12時(2時間)
       6月19日(金)午前10時〜12時(2時間)

      <会場>
      銕仙会能楽研修所
      東京都港区南青山4-21-29

      <ワークショップの流れ>
      ・能や舞台の説明
      ・面、装束、小道具の解説
      ・仕舞実演
      ・謡の体験
      ・舞の体験(扇の持ち方、構え、摺足、型等)
      ・能面を着けて実際に舞台で動いてみましょう!

      <参加費>
      3,000円(税込)
      ※当日受付にてお支払い下さい(現金、クレジットカード)。
      ※足袋、扇、謡本、資料はこちらでご用意致します。
      ※つき添い、見学(体験されない方)も参加費を頂戴致します。

      <お申込み>
      ○インターネット
      じゃらん(http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000186647/activity/l00000EDDC/?showplan=spot_detail_calendar&screenId=OUW2201)

      ○電話
      銕仙会 03-3401-2285(平日10-17時)
  • 銕仙会6月定期公演
    日本の文化

    銕仙会6月定期公演 2020/06/12

    イベント説明・条件をみる
    • 開催期間 2020/06/12 18:00 - 2020/06/12 21:10
    • イベント詳細 【6月定期公演】
      水道橋の宝生能楽堂で鑑賞する能と狂言。
      定期公演は出演がベテランから若手にまで及び、また演目も大曲、人気曲から稀曲までバリエーションに富んだ構成の催しです。

      <日時>
      2020年6月12日(金)
      午後6時開演(午後5時30分開場)
      午後9時10分頃終演予定

      <会場>
      宝生能楽堂
      東京都文京区本郷1-5-9
      TEL 03-3811-4843

      <演目>
       能「氷室」浅見慈一
         <休憩10分>
      狂言「悪坊」山本則俊
       能「東岸居士」浅井文義

      <あらすじ>
      能 氷室(ひむろ)
       冬の気配残る春の氷室山。亀山院の臣下は丹後国より都へ帰る途中、氷室守りの尉に出会う。夏になっても溶けぬこの山の氷は、天皇に捧げる氷の物供御として献上されていた。尉はこの氷室の謂れを語って氷の威徳を讃えると、今宵、氷調の祭りを見るように勧め、姿を消す。
       やがて楽にひかれて天女が現れ舞を舞い、氷室明神が氷を供えるべく現れた。御代を祝福して氷を保つ威勢を示し、氷を都へと送り届けるのであった。
       氷室山の大自然を背景に、清涼感みなぎる迫力の能。

      狂言 悪坊(あくぼう)
       悪坊と呼ばれる大酒飲みは、通りかかった出家を無理やり呼び止め道連れに。途中宿に着き悪坊が寝入ると、出家は宿屋の主人にこの男はひどい酒乱だと聞く。出家は散々嬲られた腹いせに眠った悪坊の長刀を取り上げ、身ぐるみを剥がし、代わりに自分の傘や僧衣を置いて…。

      能 東岸居士(とうがんこじ)
       旅人は清水寺へ行く途中、白河の橋の普請勧進(修復のため寄付を募ること)をする半俗半僧の東岸居士に出会う。旅人が今日の説法を問うと、居士は「柳は緑花は紅、万事は人間の心にある」と言葉巧みに述べ、三界不定の身を説いて旅人を勧進に勧誘する。さらに曲舞や羯鼓を見せて人々を仏法へと誘い入れる―。
       世俗の風貌のまま禅の修業をする喝食、東岸居士が見せる遊興の数々が見どころの能。


      <入場料>(税込)
      S席 6,500円
      A席 6,000円
      B席 4,500円
      C席 4,000円
      学生 2,700円

      <お申込み>
      銕仙会
      ・インターネット http://www.tessen.org/
      ・電話 03-3401-2285(平日10-17時)
  • 銕仙会5月青山能〈1部〉
    日本の文化

    銕仙会5月青山能〈1部〉 2020/05/27

    イベント説明・条件をみる
    • 開催期間 2020/05/27 14:00 - 2020/05/27 16:00
    • イベント詳細 【5月青山能(1部)】
      表参道の銕仙会能楽研修所で鑑賞する能と狂言
      青山能は今後の能楽界を担う、若手能楽師を中心とした公演です。
      終演後に能楽小講座あり。その日の演目を中心に、能楽師が初めての方にも分かりやすくお話をいたします。

      <日時>
      2020年5月27日(水)
      午後2時開演(午後1時30分開場)
      午後4時頃終演予定

      <会場>
      銕仙会能楽研修所
      東京都港区南青山4-21-29
      TEL 03-3401-2285

      <演目>
      仕舞「賀茂」清水寛二
        「笠之段」西村高夫
      狂言「苞山伏」高野和憲
       能「杜若」観世淳夫

      <あらすじ>
      狂言 苞山伏(つとやまぶし)
       薪を取りに夜明け前に家を出た山人は、道中眠くなってしまい居眠りをする。
       そこへやってきた使いの者は、寝ている山人の飯苞(弁当)に目をつけ、盗み食べてしまう。山人が起きかかると、近くで寝ていた山伏の近くへ空苞を投げ、使いの者は寝たふりをし…。


      能 杜若(かきつばた)
       諸国一見の旅僧は東国へ旅の途中、初夏の三河国八橋に到る。沢辺に咲き乱れる杜若を眺めていると、里女に声をかけられる。
       ここ八橋は『伊勢物語』に名高い杜若の名所。かつて在原業平が句の上に「かきつはた」の五文字を置いて旅の心を詠んだのはこの花で、二条后への深き恋慕の形見の花なのだと里女は語ると、僧を庵へと案内する。
       やがて女は二条后の形見の唐衣と業平の形見の透額の冠を身に着けて現れ、杜若の精だと名乗る。歌舞の菩薩である業平に歌に詠まれたことで草木の身ながらも成仏できたことに感謝し、恋多き業平は女人を救うためにこの世に現れた陰陽の神の化身であると説く。
       『伊勢物語』の昔を懐かしんで舞を舞うと、夏の夜明けとともに杜若の精は姿を消すのであった。
       『伊勢物語』第九段を典拠とした、重層的なイメージが溶け合う高貴な能。


      <入場料>(税込)
      一般 4,500円
      学生 2,200円

      <お申込み>
      銕仙会
      ・インターネット http://www.tessen.org/
      ・電話 03-3401-2285(平日10-17時)
  • 銕仙会5月青山能〈2部〉
    日本の文化

    銕仙会5月青山能〈2部〉 2020/05/27

    イベント説明・条件をみる
    • 開催期間 2020/05/27 18:30 - 2020/05/27 20:40
    • イベント詳細 【5月青山能(2部)】
      表参道の銕仙会能楽研修所で鑑賞する能と狂言
      青山能は今後の能楽界を担う、若手能楽師を中心とした公演です。
      終演後に能楽小講座あり。その日の演目を中心に、能楽師が初めての方にも分かりやすくお話をいたします。

      <日時>
      2020年5月27日(水)
      午後6時30分開演(午後6時開場)
      午後8時40分頃終演予定

      <会場>
      銕仙会能楽研修所
      東京都港区南青山4-21-29
      TEL 03-3401-2285

      <演目>
      狂言「梟山伏」高澤祐介
       能「雲林院」観世銕之丞

      <あらすじ>
      狂言 梟山伏(ふくろうやまぶし)
       山から帰った弟の様子が物の怪のついたようにおかしいので、心配した兄は山伏に加持祈祷をしてもらうと、弟は「ホホ」と鳴く。どうやら山で梟の巣を下したことで梟が憑いてしまったらしい。山伏は懸命に祈るも状態は悪化し…。


      能 雲林院(うんりんいん)
       『伊勢物語』を愛読していた摂津国蘆屋の里の公光は、ある夜不思議な霊夢を見たので、『伊勢物語』ゆかりの都紫野の雲林院へやってくる。
       雲かと見まごう満開の桜の中、人家を見つけた公光は、その一枝をつい手折る。
       「嵐山とは名ばかりの、花散らす風も吹かないのどかな春。花を散らすのは鶯でなければ、はて、人か…」と、公光を咎める尉が現れ、二人は歌問答を交わす。 公光は霊夢を見てこの地へ来たことを語ると、尉はそれこそ在原業平のお告げであろうと告げ、さらに自分は業平の霊であることをほのめかし、霞に紛れて姿を消す。
       夜更、公光の夢中に『伊勢物語』の秘事を語るべく、業平が艶やかな姿で現れた。業平は二条の后との駆け落ちの様子を語り、月光の下で懐旧の舞を舞うと、名残惜しくも夢は覚めるのであった。
       人目を忍び行く在原業平と二条后の恋の逃避行。『伊勢物語』第六段「芥川」を題材とした、禁断の王朝文学を描いた能。


      <入場料>(税込)
      一般 4,500円
      学生 2,200円

      <お申込み>
      銕仙会
      ・インターネット http://www.tessen.org/
      ・電話 03-3401-2285(平日10-17時)
  • 銕仙会5月定期公演
    日本の文化

    銕仙会5月定期公演 2020/05/08

    イベント説明・条件をみる
    • 開催期間 2020/05/08 18:00 - 2020/05/08 21:20
    • イベント詳細 【5月定期公演】
      水道橋の宝生能楽堂で鑑賞する能と狂言。
      定期公演は出演がベテランから若手にまで及び、また演目も大曲、人気曲から稀曲までバリエーションに富んだ構成の催しです。

      <日時>
      2020年5月8日(金)
      午後6時開演(午後5時30分開場)
      午後9時20分頃終演予定

      <会場>
      宝生能楽堂
      東京都文京区本郷1-5-9
      TEL 03-3811-4843

      <演目>
       能「源氏供養」鵜澤光
         <休憩10分>
      狂言「惣八」善竹十郎
       能「鵜飼」馬野正基

      <あらすじ>
      能 源氏供養(げんじくよう)
       安居院(あぐい)法印は石山寺観世音に参詣の途中、寺の近くで里の女に声をかけられる。聞くと女は寺に籠って『源氏物語』を書き記した紫式部の霊で、物語と光源氏の供養をしなかった罪で地獄に落ちたのだという。虚構の物語を作り上げることは妄語(嘘をつくこと)とされており、この罪によって死後も苦しむ式部は、法印に供養を頼むと姿を消す。
       供養に感謝した式部は在りし日の姿で舞を舞う。式部こそ観世音の仮の姿であり、物語は無常の世を知らせる方便なのであった。
       優々たる王朝文学の世界が散りばめられた風雅な能。

      狂言 惣八(そうはち)
       このあたりの有徳人(金持ち)は、出家と料理人を雇おうと高札(告知板)を打つと、元出家の料理人惣八と、元料理人の出家が名乗りを上げる。二人は雇われるも、転職したばかりで仕事に不慣れなので互いに前職を明かし、仕事を教え合うことに…。

      能 鵜飼(うかい)
       安房清澄寺の僧たちが甲斐国石和に到り、宿を探していると、御堂で鵜を休ませている鵜使いの尉に出会う。
       僧の一人が以前出会った鵜使いに殺生をやめるよう諭し一宿借りたことを思い出すと、尉はその者は密漁の罪で殺されたと告げ、自分はその亡霊だと明かす。尉は弔いを頼むと、懺悔として鵜飼の様子を再現し、暗闇に消える。
       僧たちが法華経を小石に書き付け弔っていると、そこに地獄の鬼が現れ…。
       罪の意識を持ちながらも漁に夢中になるジレンマを抱えた、写実的な演技が見どころの能。


      <入場料>(税込)
      S席 6,500円
      A席 6,000円
      B席 4,500円
      C席 4,000円
      学生 2,700円

      <お申込み>
      銕仙会
      ・インターネット http://www.tessen.org/
      ・電話 03-3401-2285(平日10-17時)
※ 上記記載の情報は更新時のものですので、実際の価格と異なっている場合があります。現在の状況はご来店時にお問い合わせください。