• アートフロントギャラリー
  • アートフロントギャラリー
  • アートフロントギャラリー
  • アートフロントギャラリー
  • アートフロントギャラリー

アートフロントギャラリー

イベント一覧

掲載中の情報はありません。

2件
  • Summer Selection: Drawing Nature

    Summer Selection: Drawing Nature 2021/09/05まで

    イベント説明・条件をみる
    • 開催期間 2021/08/06 12:00 - 2021/09/05 17:00
    • 料金 無料
    • イベント詳細 一枚の紙を前に、小さなこどもでも描き出さずにはいられない様子を見ると、描く行為は本来人間に備わっている行為のようです。時間と空間におけるドローイングのありようは、素材によっても、また対象によっても無限に拡がります。今回の展示では、アクリル、オイルパステルのほか、シルバーインク、スプレー、墨流しなど様々な素材と技法を展観し、我々をとりまく世界を描くドローイングの可能性を探ります。
      参加作家:康夏奈 阪本トクロウ 鈴木ヒラク 南条嘉毅ほか
  • 中谷ミチコ:引き出しの中のドローイング
    今が旬

    中谷ミチコ:引き出しの中のドローイング 2021/09/05まで

    イベント説明・条件をみる
    • 開催期間 2021/08/06 12:00 - 2021/09/05 17:00
    • 料金 無料
    • イベント詳細 中谷ミチコは1981年東京生まれ。ドイツのドレスデン造形芸術大学修了後、現在三重県にアトリエを構え制作活動を行っています。2010年にVOCA展(上野の森美術館)奨励賞受賞、2018年「DOMANI・明日」展(国立新美術館)出品、大地の芸術祭アートトリエンナーレ2018(新潟)参加、そして2019年三重県立美術館での個展開催など、近年美術館等の企画展でも活躍の場を増やし、今後も国際展や美術館での発表を予定しています。また、2020年には東京メトロ銀座線虎ノ門駅に幅9mのパブリック彫刻「白い虎が見ている」を設置し、中谷独自の技法による立体表現と、その迫力が大きな話題となりました。今年1月には、これまでの活動と将来性から選考され新鋭作家に贈られるタカシマヤ美術賞にも選ばれるなど、今もっとも注目度の高いアーティストの一人と言えるでしょう。

      彫刻家・中谷の代表作は、一般的なレリーフとは異なり凹凸が反転している立体作品です。凹んだ造形、その空虚の中にモチーフが存在し、「不在性」と「実在性」を問い続けるその作品は、鑑賞者と物体の間に複雑な距離感をもたらし、「そこにあるのに、ない」不思議な存在です。この輪郭が曖昧でやわらかな印象を与える彫刻作品は「絵のような彫刻を作れないか」と中谷が試行錯誤をはじめたところから始まっており、イメージの源泉であるドローイングは中谷の創作の中で必要不可欠な表現なのです。

      今回のアートフロントギャラリーの展示では、そのドローイング作品を中心に展開します。以前中谷は、「薄い紙のドローイング作品もその存在自体が彫刻の様に」と語っていたことがありました。そう、中谷にとってはドローイングも彫刻なのです。白い紙に彫刻を置くようなイメージでドローイングしたり、脳裏のイメージを紙の上に流す用に描き続けたり、日常的にも、制作を続ける中でも中谷は数えきれないほどのドローイングを描いています。本展では、この夏にリニューアルオープンする越後妻有里山現代美術館に収蔵される彫刻作品の為のドローイングや、コロナ禍の中で日常的に描き続けてきたドローイングを展示予定です。中谷はこれまで主にA4サイズ程度の小さなドローイングしか発表してきませんでしたが、今回は彫刻作品を想起させる大型のドローイングも発表。新たな中谷作品の魅力に出会える展示になることでしょう。またあわせて、ドローイングとリンクする新作レリーフ作品、立体制作の過程で制作される粘土原型も出品予定です。

      彫刻家・中谷ミチコの創造の源泉を覗き込む展覧会となる本展を、是非ご高覧ください。
※ 上記記載の情報は更新時のものですので、実際の価格と異なっている場合があります。現在の状況はご来店時にお問い合わせください。