• アートフロントギャラリー
  • アートフロントギャラリー
  • アートフロントギャラリー
  • アートフロントギャラリー
  • アートフロントギャラリー

アートフロントギャラリー

イベント一覧

掲載中の情報はありません。

4件
  • 中岡真珠美 個展

    中岡真珠美 個展 2019/11/07から

    イベント説明・条件をみる
    • 開催期間 2019/11/07 11:00 - 2019/12/01 19:00
    • イベント詳細 アートフロントギャラリーでの初個展から10年が経過したこの秋、中岡真珠美の新作近作を展観する個展を開催します。


      この間、中岡が描いてきた対象は主に日常では見過ごされているような街なかの建物や周辺の器物で、人工物の直線と緩やかな自然界の曲線が織り成す情景です。中岡の絵筆にかかると武骨ともいえるこれらのモチーフが美しい色彩とフォルムに置き換えられ画面全体が清楚なハーモニーを奏でます。同時に誰もが知っている原爆ドームや京都のお寺など、見る側が作品の向こう側に自身のイメージを重ね、中岡独特の色使いや質感をそのものとして感じられる作品も多く生み出されました。輪郭をとどめながらも主張のある余白の上にゆるやかに溶け出し、アクリル絵具の滲みや樹脂系塗料の艶やかさが画面に奥行を与えるスタイルはよく知られています。


      そんな中岡がタイで過ごした1年は制作の姿勢を見直す契機となりました。チェンマイ大学での学生とのやりとり、周囲を見渡せばすべてが目新しい対象の坩堝に投げ込まれる中、画家として、日本文化を具現する者としてのアイデンティティを自問する日々でした。


      今回、ギャラリーに展示する静物画は自ら色粘土で作った静物を絵画の上に置いて描かれています。立体感が排除され、周囲の地の中に浮遊するかのような静物の作品、或いは僅かに絵具の物質の分だけの厚みをもって前後感が構成されている作品など新しい試みがうかがわれます。平面性の強調は、壁面を分割して埋め尽くすドローイングでもみてとれます。2015年の個展では山の中の廃屋を定まった点から分割し再構成することでの視線を泳がせましたが、今回描かれるのは作家のアトリエでもある室内画。観るものの眼差しをどのように揺さぶるのでしょうか。


      もう一つの部屋では風景のシリーズが展示されます。ギャラリーの南側には旧朝倉邸の庭園が広がり、かつては600本の樹木が鬱蒼とした森の様相を呈していました。現在では樹木も整備され公開されていますが、中岡はこの奥行のある林間の風景に興味を持ち、自ら撮った写真をベースにして作品化し、それを他所の「林間」と並べて展示します。


      多様な制作プロセスで描かれる二つの空間を味わっていただければ幸いです。
  • エコ・ヌグロホ 個展 Nowhere is My Destination

    エコ・ヌグロホ 個展 Nowhere is My Destination 2019/11/03まで

    イベント説明・条件をみる
    • 開催期間 2019/10/04 11:00 - 2019/11/03 19:00
    • イベント詳細 この度アートフロントギャラリーでは、エコ・ヌグロホの個展 Nowhere is My Destination を開催いたします。

      アートフロントギャラリー及び瀬戸内国際芸術祭の伊吹島で展開されるエコ・ヌグロホの展示では、一連の新作の展示を通じて、昨今の緊急の課題である移民と国境の問題を探る。

      アートフロントギャラリーでは2つのスペースでの展示を通じて、自分の故郷を強制的に去らざるを得なくなった人々のアイデンティティや、移住、国境といった問題に注意を向ける。エコにとっては壁といったテーマは緊急で逆説的な現実である。その壁は伝えられるところでは民主主義的で開かれた社会で現れ問題視される一方で、新しい移住者が現実にいるにも関わらずますます閉ざしていく。個人間レベルで疎外と憎悪が形成されるだけでなく、西側諸国の中でこうした問題への政策が多くの国で変化し、しばしば問題となっている。。

      これらの対立の合流地点には、自らのアイデンティティを守ろうともがき規制と限界によって拘束されている人々がおり、エコはこうした人々を絵画や壁画、そして彫刻作品に投影する。作品のモチーフとして描かれる人物像やシンボルは 祖国での戦争や政治危機などにより移住を余儀なくされた人々を表している。彼らは外国に居住するようになり、生き残り適応していくための新しい手段を見つけていく。これらの人々は茂みに隠れ有刺鉄線や国境の背後で変装しているように描かれることで、彼らのアイデンティティの喪失と新しいコミュニティの一員となる困難が強調されている。

      展覧会タイトルにもなっている彫刻作品《Nowhere Is My Destination》(日訳:私にはどこにも行先がない)は、移民のコミュニティの化身で、しばしば歓迎されず、また招かれざるゲストとして見なされる移民を表している。シンボリックな要素は、彼らが実際に直面している状態の一般的なイメージを強調するために作家によって慎重に構築された。マスクが彼らの個性を消す一方で、刺繍が施された衣服には彼らの起源を窺わせるアイデンティティの要素が現れている。彼らは愛や希望、平和の象徴である花を持ち、それらを供え物として新しい運命の地に捧ようとしている。しかしながらナップザックだけが持ち物として許された彼らの脚には鎖がつながれ、彼らがこれから経験することは自由からはほど遠く、それどころか国境と政治的決断によって引き起こされる異なったタイプの戦争に巻き込まれていくだろうという、厳しい真実をつきつけている。
  • 栗林隆 : 出部屋

    栗林隆 : 出部屋 2019/09/29まで

    イベント説明・条件をみる
    • 開催期間 2019/09/06 18:00 - 2019/09/29 19:00
    • イベント詳細 この度アートフロントギャラリーでは、4年ぶりとなる栗林隆の個展を開催致します。

      (Photo:福島第一原子力発電所の横の海にて / 2012 / 撮影:志津野雷)

      栗林隆(1968年、長崎生まれ)は武蔵野美術大学造形学部日本画科を卒業後、渡独。10年以上をドイツで過ごし、アーティストとしての足場を固めた。日本へ戻ると数年のうちにインドネシアへ渡り、現在はジョグジャカルタをベースに、日本をはじめ世界各地で活動している。

      栗林は、東西に分かれていた歴史をもつドイツ滞在の影響もあり、「境界」をテーマに様々なメディアを使いながら制作を続けている。国境や水平線などの物理的な「境界」だけでなく、われわれの頭の中にある既成概念にしばられた見えない「境界」など、様々な視点から物事の異なる側面を喚起させ、提示する。その作品は、普段見えるものと、その裏側の見えない領域とを入れ替え、日常生活では覆い隠されてしまっている出来事・領域・思考・歴史・視点を顕在化させるかのようでもある。

      2015年のアートフロントギャラリーでの展示では、「Deadline」と題し、代官山に津波がきたと想定した場合に、津波が残すマーキングラインを長崎、広島の爆心地の土、福島第一原子力発電所近郊の津波の被害を受けた場所の土で描いた。東日本大震災の際に、避難区域の線が引かれるという、未だかつてない強力な「境界」が生まれたとして、現地のリサーチ制作を継続している。その実践として昨年は福島県で開催された清山飯坂温泉芸術祭にも参加した。

      また、2018年フランスのPALAIS DE TOKYOで開催された展示では、7,000枚以上のマジックミラーで作られた6mの高く聳え立つ3本の木のインスタレーション作品《The connection between the sea and the sky》を発表。筒状の木の中に入り見上げると、水中から見上げた福島・逗子・インドネシアの空の写真がそれぞれに見える。地域の「境界」、水と空の「境界」入口と出口の「境界」など様々な「境界」を感じさせる作品であった。栗林は作品制作において「常に対比性を考えている」と語っている。美しさと危険、現実と非現実の世界観、それらの対比がうみだす「境界」。栗林が見出した対比性によって浮かび上がる「境界」で再定義された世界を見たとき、私たち鑑賞者は固定概念を覆させられ、新たな気付きに導かれるのかもしれない。

      栗林はこの秋、瀬戸内国際芸術祭への参加が決まっている。展示の舞台は、伊吹島にある「出部屋(でべや)」と呼ばれる産院跡地。島の風習で女性が出産前後1ヶ月を女性だけで集団生活していた独自の文化を象徴する場所である。そして島の多くの人々が産まれた場所、お産という命の境界線を象徴するような原点の場所である。

      その瀬戸内での展示を控えた9月上旬、アートフロントギャラリーでも「出部屋」をテーマに個展を開催する。ここでは、栗林自身のアーティストとしての存在への問い、近年思考を巡らせている心の庭を育む「にわし」としての試みなど、アーティスト・栗林隆にとっての生まれる場所「出部屋」を展開する予定だ。
  • 特別展「瀬戸内国際芸術祭2019」@DAIKANYAMA T-SITE anjin café
    日本の文化

    特別展「瀬戸内国際芸術祭2019」@DAIKANYAMA T-SITE anjin café 2019/10/31まで

    イベント説明・条件をみる
    • 開催期間 2019/07/10 11:00 - 2019/10/31 02:00
※ 上記記載の情報は更新時のものですので、実際の価格と異なっている場合があります。現在の状況はご来店時にお問い合わせください。