• アートフロントギャラリー
  • アートフロントギャラリー
  • アートフロントギャラリー
  • アートフロントギャラリー
  • アートフロントギャラリー

アートフロントギャラリー

イベント一覧

  • 春原直人 巌 - 同時に生きる
    日本の文化

    春原直人 巌 - 同時に生きる 03/24まで

    イベント説明・条件をみる
    • 開催期間 2019/03/08 11:00 - 2019/03/24 19:00
    • イベント詳細 この度アートフロントギャラリーでは、春原直人の個展を開催致します。春原は、自ら歩いて登る山々をモチーフとし、岩絵具や青墨の濃淡でパノラミックな画面を展開します。既に石本正日本画大賞奨励賞などを受賞した新進気鋭の作家です。アートフロントギャラリー初の個展をぜひお楽しみください。
4件
  • 特別展「ブレス(生命の息吹)」@DAIKANYAMA T-SITE anjin café
    日本の職人技

    特別展「ブレス(生命の息吹)」@DAIKANYAMA T-SITE anjin café 07/08まで

    イベント説明・条件をみる
    • 開催期間 2019/04/09 11:00 - 2019/07/08 02:00
    • イベント詳細 この度アートフロントギャラリーではDAIKANYAMA T-SITE anjin caféにて、若手作家6名による小立体作品の展覧会「ブレス(生命の息吹)」展を開催します。
      生まれてきたばかりの生命体にその後の人生を諭すピンクフロイドのバラード曲「ブレス(生命の息吹)」から春の芽吹きを待つ生物をインスパイアし、溶けるように有機的で生命力を感じさせる作品を一堂に会します。
      ●会場
      DAIKANYAMA T-SITE 2号館2階anjin カフェ
  • 南条嘉毅 個展
    日本の文化

    南条嘉毅 個展 05/10から

    イベント説明・条件をみる
    • 開催期間 2019/05/10 11:00 - 2019/05/26 19:00
    • イベント詳細 風景を主題とした平面作品を軸に展開する南条嘉毅(1977年、香川県生まれ)は、描く対象の場所に赴き、その場所の特徴を現在の姿のみではなく、歴史の面からも考察し、複層的な画面として描き出す。また、その絵には訪れた現場の土をもちいることで、ポータブルな絵画に場所が持っていた力を付与する試みも行っており、その根底には絵画の場所性に対する作家なりの試行が垣間見える。この試行は、2017年にVOCA展に選出されるなど、平面作家として一定の評価を受け、現在までに数多くの展覧会に選ばれ実績を重ねている。

      また、南条の表現活動は近年平面にとどまることなく新たな領域に広がっている。2016年のアートフロントでの個展以降は、土、砂を主要な材料としながら、音と光を加えノスタルジックな空間を通した劇場型のインスタレーション作品として新たな表現方法を確立。翌年の奥能登国際芸術祭にも選出されると、地元の象徴的な材料である珪藻土を用いて、忘れ去られたその土地の歴史を見つめなおすインスタレーション作品を発表、休日には列ができるほどの人気作品として注目を集めた。

      その南条が、2019年の今年は満を持して瀬戸内国際芸術祭に参加を決め、生まれ故郷の坂出市で新たな作品を展開する予定になっている。香川県坂出市はかつて塩田が広がり瀬戸内の豊かな自然を背景に塩の生産で栄えた経緯がある。現在はそれらの塩田は住宅地に姿を変えかつての栄華を知るのは一部のお年寄りだけとなってしまった。南条はこの塩を坂出市の歴史をあぶりだすひとつの要素として使用する。塩も大きく見れば、一種の鉱物であり元来、土を用いてきた作家にとって何の違和感も無く創造の種として作品に取り込むことだろう。

      今回のアートフロントでの展覧会は、この瀬戸内国際芸術祭に合わせて開催され、南条による故郷の再発見をベースに展開される予定だ。瀬戸内の現場で見る場所性の強いインスタレーション作品と、場所の縛りから開放され、作家の新たな創造による展開を経て生まれる作品の両方を、遠く離れた代官山の地で同時期に見ることができるまたとない機会になる。旬の作家の最新作に期待したい。
  • 春爛漫 - ポップ&モダン
    日本の職人技

    春爛漫 - ポップ&モダン 04/28まで

    イベント説明・条件をみる
    • 開催期間 2019/04/10 11:00 - 2019/04/28 19:59
    • イベント詳細 日本美術の特質の一つとして挙げられる「装飾性」「遊び心」は古くは縄文式土器に遡り、江戸期に隆盛をきわめた琳派の屏風ややきものに引き継がれました。その後明治期の工芸では輸出用の金工品や漆芸品が欧米の万国博で受賞を重ねるなど日本文化を発信してきました。その文脈を受け継ぎ、新たな時代の風を吹き込む作家が今日数多く活躍しています。

       《春爛漫 ポップ&モダン》展では陶、ガラス、漆、竹などの最先端を一堂に集めます。素材のもつ力を最大限引き出す過程で、多くのアーティストが装飾性や諧謔性に加えて「自然」と向き合っています。自然界のかたちを模したり、生命のエネルギーを感じさせる造形を意図したり、それぞれの工夫を重ねています。本展には関西・北陸・関東エリアなどの、若手から巨匠まで13人の作家が参加し、独自の色合いや肌ざわりをもった作品を披露します。工芸の枠を超えた美の競演をお楽しみください。
  • 春原直人 巌 - 同時に生きる
    日本の文化

    春原直人 巌 - 同時に生きる 03/24まで

    イベント説明・条件をみる
    • 開催期間 2019/03/08 11:00 - 2019/03/24 19:00
    • イベント詳細 この度アートフロントギャラリーでは、春原直人の個展を開催致します。春原は、自ら歩いて登る山々をモチーフとし、岩絵具や青墨の濃淡でパノラミックな画面を展開します。既に石本正日本画大賞奨励賞などを受賞した新進気鋭の作家です。アートフロントギャラリー初の個展をぜひお楽しみください。
※ 上記記載の情報は更新時の情報ですので、現在の状況はご来店時にお問い合わせください。