HOME 北海道 札幌・千歳 北海道ご当地グルメの基礎知識!旅行前に知っておきたい情報をエリア別で紹介
北海道ご当地グルメの基礎知識!旅行前に知っておきたい情報をエリア別で紹介

北海道ご当地グルメの基礎知識!旅行前に知っておきたい情報をエリア別で紹介

公開日: 2018/12/13

広い北海道では、海に面した港町は魚介類、内陸では肉や野菜を使った料理など地域によりさまざまなローカルグルメがある。特にラーメンは、札幌ラーメン函館ラーメンなど地域ごとに特徴のある味があるので、行く先々で食べ比べてみるのもおすすめ。ほかにも、地元の人に愛されているソウルフードなど、北海道の旅は食べ歩きも楽しみのひとつだ。

1.北海道ご当地グルメ【札幌編】

1.北海道ご当地グルメ【札幌編】

北海道の中心都市・札幌は、全道の海産物や農畜産物が集まるグルメタウン。北海道の新鮮な海の幸はもちろん、ご当地グルメの札幌ラーメンやスープカレー、ジンギスカン、さらにスイーツまで、あらゆる美味しいものが味わえる。

【札幌編】その1 札幌ラーメン

【札幌編】その1 札幌ラーメン

ラーメン王国北海道にあって、札幌ラーメン店の激戦区。無数のラーメン店がひしめき合っていて、札幌イチの繁華街「すすきの」には15店舗以上のラーメン店が集まる「元祖さっぽろラーメン横丁」もある。札幌ラーメンの定番は味噌味のスープが特徴の「味噌ラーメン」。函館ラーメン旭川ラーメンと並ぶ北海道三大ラーメンのひとつだ。発祥の店「味の三平」では、先代から受け継ぐ味噌ラーメンが味わえるほか、ほとんどのラーメン店に味噌ラーメンがあり、各店こだわりの味を食べ歩くのも楽しい。ラーメン店は札幌駅から「すすきの」にかけての観光スポットエリアに集中。たいてい11:00〜営業しているが、すすきのでは夜から深夜にかけて営業する店も多い。

【札幌編】その2 スープカレー

【札幌編】その2 スープカレー

札幌ご当地グルメといえば、「スープカレー」も人気。スパイシーなカレースープに骨付きチキンレッグ、大きめにカットされた野菜がゴロゴロ入ったカレーで、札幌中心部にスープカレー専門店が10数店舗ある。普通のカレーと違うのは、スープ状であることのほかに、辛さが調節できるということ。注文時に辛さを聞かれるので、辛いのが大丈夫なら辛めをチョイスしてもいい。また、ライスが別皿でくるのでライスをスプーンですくい、スープに浸して食べよう。

【札幌編】その3 ジンギスカン

【札幌編】その3 ジンギスカン

ジンギスカンとは、ラムやマトンの肉をドーム型の専用の鉄で焼いて食べる料理。札幌には肉やタレにこだわった専門店がある。なかには、肉や野菜が食べ放題の店も。食べ方は、が熱くなったら、の中央に肉をのせ、まわりに野菜を並べる。そうすると、のスリットを伝って落ちた肉の脂で野菜に火が通る仕組み。肉は主にニュージーランドやオーストラリア産を使用。特にラムは、羊独特の癖のある風味がなく、軟らかくて味わい深い。

【札幌編】その4 海鮮

【札幌編】その4 海鮮

道内各地の旬の魚介が集まる札幌では、さまざまな海鮮料理が味わえる。特に「すすきの」には数え切れないほどの寿司屋や海鮮居酒屋があるほか、カニ料理や海鮮丼の専門店もある。北海道といえば、ウニ、カニ、イクラにボタンエビ、サーモン、ホタテ!寿司屋では、これら北海道産の魚介の握りを盛り合わせた握りのセットが3000円ぐらいで食べられる。
海鮮丼の店には、魚介を盛り合わせた豪華な海鮮丼から、ウニやイクラほか、さまざまな魚介を組み合わせた丼があり、選ぶのも楽しい。海鮮丼が食べられる代表的な場所は札幌卸売市場場外市場だ。
カニはどこの店にもあるわけではないので、食べるなら専門店に行くのがおすすめ。北海道の4大カニはタラバガニ、毛ガニ、ズワイガニ、花咲ガニ。花咲ガニ以外は、専門店に行けばたいてい味わえる。また、毛ガニは北海道各地でとれるため、旬のものが生で食べられることもある。

2. 北海道ご当地グルメ【小樽・積丹編】

2. 北海道ご当地グルメ【小樽・積丹編】

港町小樽では、海の幸を気軽に味わうことができる。また、小樽ならではの「あんかけ焼そば」や「鶏の半身揚げ」といった名物も。北海道スイーツで人気の「ルタオ」本店があり、スイーツの食べ歩きもおすすめ。

【小樽編】その1 寿司

【小樽編】その1 寿司

港町の小樽は、市内に100店舗以上の寿司屋があり、気軽に寿司や海鮮丼が食べられる。小樽近海ではさまざまな魚介がとれるが、小樽でぜひ味わってみたいネタは春と秋のシャコや、夏のウニ。小樽駅前の「三角市場」には海鮮丼の人気店があるほか、寿司店が多く集まる「寿司屋通り」がある。

【小樽編】その2 あんかけ焼そば&鶏の半身揚げ

【小樽編】その2 あんかけ焼そば&鶏の半身揚げ

小樽市民に人気なのは「あんかけ焼そば」と「鶏の半身揚げ」。「あんかけ焼そば」は、野菜やシーフードなどの具材がたっぷりはいった「あん」を、焼きそばにかけた食べ応えのあるメニュー。昔ながらの中国料理店やラーメン店などで提供している。

もうひとつ、小樽のソウルフードと言われるのが、鶏の半身をダイナミックにフライにした「鶏の半身揚げ」。鶏の半身に下味を付けて、じっくり時間をかけてフライにしたものだ。見た目はちょっとグロテスクだが、手で持ってかぶりつくと、皮はサクッとしていて身はジューシー。発祥の店はJR小樽駅から徒歩7分の、1952年創業の「なると本店」。単品や定食で食べられるほか、テイクアウトもできる。

【積丹編】その3 積丹のウニ

【積丹編】その3 積丹のウニ

小樽からのドライブコースで人気の積丹半島は、絶景シービューで人気のエリア。6〜8月の夏にとれる「積丹のウニ」は有名で、ウニを食べに出かける人もたくさんいるほど。積丹ではエゾムラサキウニとエゾバフンウニの2種類がとれるが、エゾバフンウニはとれる量が少なくて希少。積丹のウニが食べられるのは6〜8月の時期だけであり、ウニ丼を提供する食堂は混むので、行くなら早めの時間がおすすめ。

3.北海道ご当地グルメ【函館編】

3.北海道ご当地グルメ【函館編】

函館は、目の前の津軽海峡でとれるイカが有名で「イカの町」として知られている。そのため、新鮮なイカが一番の函館名物。ほかにも、函館ラーメンや、ユニークなご当地グルメが勢揃い。

【函館編】その1 イカ

【函館編】その1 イカ

函館のイカはとにかく新鮮!生け簀から取り出したばかりの活イカを、その場でさばいた刺身で味わうことができる。新鮮なイカの身は透明で、噛むとイカ本来の味を実感できる。イカは函館朝市のどんぶり横丁で食べられるほか、市場内にはイカを釣ってその場で味わえるイカ釣り場も。活イカやイカ料理を食べさせてくれる海鮮居酒屋も多い。なお、イカの種類は6〜12月はスルメイカ(マイカ)、1〜5月がヤリイカとなる。スルメイカの方が、身が肉厚でゴロ(内臓)があり、さまざまな料理に使われる。ヤリイカは小さくてゴロもないが、上品な味わい。

【函館編】その2 塩ラーメン

【函館編】その2 塩ラーメン

北海道三大ラーメンのひとつ「函館ラーメン」は、あっさりとした塩ラーメン。北海道のラーメン発祥の地でもあり、当時の店はすでにないが、歴史のある昔ながらのラーメン店がたくさんある。豚骨や鶏ガラを弱火でじっくりと煮込んで作る透明なスープと、ストレートな中華麺、チャーシューとメンマ、ネギのシンプルなトッピングが函館ラーメンの特徴。あっさりしているので、小腹が空いたときにもおすすめ。
ハンバーガーショップ「ラッキーピエロ」のご当地ハンバーガーも函館でしか食べられない味。材料からこだわったグルメバーガーでボリューム満点! バーガー以外のメニューも豊富で、函館に行ったらぜひ立ち寄ってみたい店のひとつだ。

4. 北海道ご当地グルメ【富良野・美瑛編】

周りを山に囲まれた富良野地方は、内陸性の気候で寒暖の差が大きく農業に最適な土地。ジャガイモ、タマネギ、ニンジンなど野菜が名産地だ。これら地元の食材を使った「富良野カレー」や、オムライスの上にカレーがかかった「富良野オムカレー」がご当地グルメ。各店自慢のカレーを味わえる。

【富良野・美瑛編】富良野カレー&美瑛カレーうどん

【富良野・美瑛編】富良野カレー&美瑛カレーうどん

富良野で食べたいグルメが「富良野カレー」。富良野のタマネギや野菜をたっぷり使い、独自ブレンドのスパイスを使って煮込んだ富良野カレーを提供する「唯我独尊」が有名店。行列の絶えない人気店だ。
富良野オムカレー」は、お米、玉子、野菜など富良野を使用し、「ふらの牛乳」を付けるなどの6つの条件をクリアした店が提供する新ご当地グルメ。オムライスの中央に旗が立っているのが印で、約10店舗で提供している。
またフォトジェニックな丘の風景が特徴の美瑛は、小麦が名産品。ご当地グルメは、美瑛産の小麦を使ったうどんに、美瑛産の野菜や肉などで作るカレーをかけた「美瑛カレーうどん」。美瑛産小麦のパンやパスタが食べられる店もある。

5. 北海道ご当地グルメ【旭川編】

札幌に次ぐ北海道第2の都市、旭川には北海道三大ラーメンのひとつ「旭川ラーメン」がある。内陸部の寒い旭川ならではの濃厚な味が特徴だ。

【旭川編】旭川ラーメン

【旭川編】旭川ラーメン

旭川ラーメン」は、豚骨をじっくり煮込んだスープに魚介系のだしを加えたスープに、醤油だれで味を調えた濃厚な豚骨醤油ラーメン。麺は縮れの強い黄色い麺でチャーシューや太いメンマがのっている。表面をラードの層は、スープが冷めないための工夫。最後まであつあつの状態で味わえる。

6. 北海道ご当地グルメ【釧路編】

【釧路編】その1 炉端焼き

【釧路編】その1 炉端焼き

道東最大の港町である釧路は、秋のサンマをはじめ、新鮮な魚介が味わえる場所。海産物を炭火の炉で焼く「炉端焼」が有名だ。

【釧路編】その2 釧路ラーメン

【釧路編】その2 釧路ラーメン

あっさり醤油味で極細麺が特徴の「釧路ラーメン」も、北海道第4のご当地ラーメンとして知られている。

【釧路編】その3 ザンギ&スパカツ

【釧路編】その3 ザンギ&スパカツ

また、北海道では鶏の唐揚げを「ザンギ」とも呼ぶが、その「ザンギ」発祥の店が釧路の「鳥松」という店。揚げたてのザンギは格別な味わい。ソウルフードでは、ミートスパゲティにトンカツがのった「スパカツ」があり、釧路市内に数店舗ある「泉屋」などで食べられる。

7. 北海道ご当地グルメ【帯広編】

【帯広編】その1 豚丼

【帯広編】その1 豚丼

農業と酪農が盛んな十勝平野の中心都市が帯広。野菜、肉、乳製品など、さまざまなブランド品がある。このエリアの代表的なご当地グルメは「豚丼」。スライスした豚肉を焼き、醤油ベースのタレをからめてご飯の上にのせたもので、甘辛のタレがご飯に合う。

【帯広編】その2 帯広スイーツ

【帯広編】その2 帯広スイーツ

牛乳、砂糖、小麦など、スイーツの材料がすべて揃うこともあり、ケーキやソフトクリームなどスイーツの店が多いのも帯広ならでは。

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

検索