HOME 北海道 札幌・千歳 世界が認める日本の観光地だけど、外国人が嫌いな街・好きな街は結局どこ?
世界が認める日本の観光地だけど、外国人が嫌いな街・好きな街は結局どこ?

世界が認める日本の観光地だけど、外国人が嫌いな街・好きな街は結局どこ?

公開日: 2018/05/02
更新日: 2018/07/11

2017年の訪日外国人の人数が約2800万人を突破した日本。2020年には4000万人突破を目指し、訪日外国人の数も年々増加中で、街で外国人観光客を見かけることが増えたと実感している人も多いのではないでしょうか。

そんな訪日外国人観光客が訪れる場所としては、東京・大阪・京都・富士山などが主に取り上げられていますが、実際に外国人が行ってみて気に入った街・観光場所はどこだったのでしょうか?

今回は日本に旅行をしたことがある外国人6名に、どの観光地が印象に残っているかを、良い悪い含めて教えてもらいました!

日本らしさや手付かずの自然に魅力を感じる人が多かった!

日本らしさや手付かずの自然に魅力を感じる人が多かった!

今回、訪日外国人の皆さんにインタビューをしてみると、日本ならではの文化や自然を求めている人が多いようでした。自然の豊かさ、文化の独特さ、そして人の良さこそ日本の魅力だと思ってくれているのは、なんだかうれしくなりますね。

もちろん初めて来るのならば、東京を始めとした都会や、有名な観光場所を見てまわるのがセオリーかもしれません。しかし、より深い、日本らしい体験をしたいと思うと、ローカルな生活を楽しめる田舎がいいというニーズが増えてくるのでしょう。

それでは実際にどのような場所が印象に残ったのでしょうか?

「秋田」と「青森」が最高!リラックスできる場所だった(スロバキア/女性)

「秋田」と「青森」が最高!リラックスできる場所だった(スロバキア/女性)

「今まで東京・京都・広島・北海道など主要な観光地は行ったけど、一番良かったのは秋田と青森。自然が豊かで人があまりいないから、とてもリラックスできた」(スロバキア/女性)

近年、訪日外国人の宿泊者数が増えて来ているという青森・秋田。とはいえ、まだまだ東京や京都などに比べ、観光客は少なく、逆にそれがとても良かったとのこと。ねぶた祭りなどお祭りシーズンではない、平日に訪れたそうですが、都会とは全く違う、のんびりとした雰囲気がとても気に入ったそうです。

また、広島も大好きだそうで、理由は路面電車。路面電車が通る街の雰囲気は、広島ならではの風景だったそうです。

「京都」の紅葉と川辺でビールは最高でした(アメリカ/男性)

「京都」の紅葉と川辺でビールは最高でした(アメリカ/男性)

「秋に京都へ行ったんだけど、紅葉が驚くほど綺麗だったのは忘れられない!あとは夜に川辺で友人とビールを飲んだのだけど、その風景がとても美しく、ビールがさらに美味しくなったよ 」 (アメリカ/男性)

日本人にも大人気の京都の紅葉。アメリカ人の彼も、そのカラフルな景色に心打たれたそうです。アメリカにも紅葉はあるそうですが、木の種類が違うので、雰囲気が違うそうですよ。また、町にほんわかと光が灯された光景を見ながら、川辺でビールを飲むのが、とても良かったとのこと。

自然の良さと人の暖かさがピカイチ「屋久島」 (イギリス/女性)

自然の良さと人の暖かさがピカイチ「屋久島」 (イギリス/女性)

「日本で一番行ってよかった場所は、鹿児島県の屋久島。ハイキングが好きなので、自然の美しさに魅了されたのもあるけど、何より人が優しかった。コンビニで働いていた女性が、お弁当が売り切れてしまっているからといって、おにぎりを作ってくれたの。スーパーからとても離れていた場所にいたので、本当に助かった!人がとっても温かいわ 」(イギリス/女性)

ハイキングやスキーなど、自然と触れ合うことが大好きというイギリス人の女性。屋久島に行った時には、手付かずの自然や動物が普通に道を歩いていることに、とても魅了されたとか。また自然の良さだけではなく、島ならではの人の暖かさは、都会や自国ではあまり感じられないので、とても感動したそうです。

日本の島、特に「九州」は自然がたくさんで大好き!(マレーシア/女性)

日本の島、特に「九州」は自然がたくさんで大好き!(マレーシア/女性)

「九州をぐるっと1周した時に、九州には独自の文化や食べ物がたくさんあって、とても楽しむことができたの。また九州はどこも自然がいっぱいで、小さい島に行っても自然がたくさんあり、癒されたわ。他にも伊豆諸島が、海も山も綺麗でとても楽しかった。何度行ってもまた戻りたくなってしまうの 」 (マレーシア/女性)

日本の島が大好き!というマレーシア人の女性。鹿児島の島々や、東京の伊豆諸島を回ったそうですが、都会では食べられないその土地の食事が多く食べられたり、手付かずの自然に触れられたり、特別な時間を過ごせたそうです。

アクセスも良く、海と山が両方見られる「鎌倉」が好き!(アメリカ/男性)

アクセスも良く、海と山が両方見られる「鎌倉」が好き!(アメリカ/男性)

「日本は3回ほど来た事があるけど、鎌倉が一番好きだったな。東京からのアクセスが良いのに、海も山も見ることができて、とてもバランスが良い町だった!ゆったりとしたピースフルな雰囲気も好きだったよ」 (アメリカ/男性)

東京から約1時間で来ることができる鎌倉。鶴岡八幡宮など日本ならではの神社も見ることができ、海も山も両方、さほど遠くない距離で楽しむことができるのが魅力だそう。都会から近いのに、全然違う世界に来れるのが良かったそうです。

街も自然も、どこも本当に魅力的

「もう5回くらい日本には訪れてる。東京、沖縄、北海道、鎌倉日光、伊豆…それぞれ全く違う文化があって、食べるものがあって、本当に楽しかった!今年は富山の立山黒部アルペンルートに行って、雪の大谷を見に行くの。とっても楽しみよ!」(台湾/女性)

訪れた全ての場所が大好きだったというコメントをくれた、台湾人の女性。違って楽しかったそうです。嬉しいコメントですね!国が近いとはいえ、毎年来てくれているそうで、今年も来たいと思うほど、とても魅力があるとのことでした。

実際に行って苦手だった場所の傾向は?

実際に行って苦手だった場所の傾向は?

一方、訪れてみたけど自分の好みではなかった、という場所もあったそうです。インタビューした訪日外国人は1回以上、来日した経験のある人々でしたが、多くの人が「人が多いところは苦手」と言っていました。日本に来たら必ず行くような有名なところや、東京や大阪などの都会は、観光客を含め人が多く、楽しかったイメージよりも人混みのイメージの方が大きくなってしまったそうです。

では、実際どこに訪れてみたのでしょうか?みていきましょう。

訪日外国人に大人気の観光スポットだけど…(スロバキア/女性)

「京都に行ったことがあるけど、私は人が多いところが好きじゃないし、歴史的建造物にあまり興味ないから、みんなが言うほど京都は好きじゃなかったわ」 (スロバキア/女性)

観光客に大人気の京都にはグッとこなかった…という意見。神社・仏閣が多いため、歴史などに興味がない人にとっては、京都の魅力を感じないのも、仕方ないのかもしれませんね。

秋葉原は昔の方が日本ぽかった気がする(アメリカ/男性)

「僕がちょっとためらってしまうのは『秋葉原』。東京はよく行くし好きだけど、秋葉原は完全に観光客の為の場所になっている気がするんだ。もともとのオタク文化があった秋葉原の方が好きだったな」 (アメリカ/男性)

またもや訪日外国人に大人気のエリア。メイドカフェが出現し、“オタク文化”が注目され始めた頃の秋葉原に来た事があるそうで、そちらの方が日本らしくて良かったそうです。
今は外国人向けの看板や商品が並び、観光地化が急速に進んでいる印象を持ったとか。何度か日本に来た事がある人だと、ありのままの日本を好む傾向にあるのかもしれません。

一度は来た方がいいけど、やっぱり自然が好き!(イギリス/女性)

東京は、面白いといえば面白いけど、ゴミゴミしてるしなぜか孤独を感じやすいの…。人が一杯いるのに不思議よね」 (イギリス/女性)

東京には何度も訪れているそうですが、自然好きということもあってか、人や物が多くてなかなか馴染めないそうです。しかし、初めて日本に来るなら、やはり東京は訪れた方がいいという意見でした。

素晴らしい富士山が見られる河口湖だけど…(マレーシア/女性)

「河口湖は自然という意味では同じだけど、人が多すぎだよね」(マレーシア/女性)

富士山が見られる事で多くの観光客が訪れる河口湖。自然の良さはあったけども、人が予想以上に多く、人混みがすごい!という今年か覚えていないそうで、あまりいい印象になかったそうです。

都会すぎて独自の文化を探せなかった!(アメリカ/男性)

「あまり好きになれなかったのは、大阪だね。大きな街ではあったけど、特に観光として見るものがなかったな。ご飯はおいしいよね!」(アメリカ/男性)


大阪は、「都会すぎた」そう。日本のどの都会にいっても見つけられるお店ではなく、独自の文化、テイストを感じたかったそうです。 大阪は個性たっぷりのお店が多いはずなので、次は満喫してもらいたいですね。

嫌いな場所なんてない。日本の全部が大好き!

嫌いな場所なんてない。日本の全部が大好き!

「都会も田舎も行ってみたけど、どちらも味があってよかったわ。苦手な場所など1つもなかった!もっと色々な日本をみてみたいわ」(台湾人/女性)

年に1回以上日本に訪れる台湾人女性は、日本で苦手な場所はなかったそう。文化がどこも異なり、それぞれ楽しかったそうです。嬉しいコメントですね!

いかがでしたでしょうか。意外!と思う部分も、納得!と思う部分もあるかと思います。もちろん都会の良さも地方の良さもあると思うので、訪日外国人が日本の色々な面を楽しんで行ってくれると嬉しいですね!

Written by:

Fujico

Fujico

東京都生まれ。2015年にフリーライターとして独立。北米での留学・就労経験もあり、英日の翻訳・通訳も行う。東京の島・伊豆諸島をこよなく愛し、月に1度はどこかの島にいます!

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

検索