HOME 東京・東京周辺 人形町・門前仲町・葛西 チョコと梅酒の繊細なバランスが◎!外国人観光客に大人気のKITKATから「キットカット 梅酒 鶴梅」が新登場
チョコと梅酒の繊細なバランスが◎!外国人観光客に大人気のKITKATから「キットカット 梅酒 鶴梅」が新登場

チョコと梅酒の繊細なバランスが◎!外国人観光客に大人気のKITKATから「キットカット 梅酒 鶴梅」が新登場

公開日: 2018/09/18
更新日: 2018/09/20

和食」がユネスコ無形文化遺産に登録され、いまや世界中に拡がる日本食ブーム。同時に梅酒などリキュール類の輸出額も拡大。海外では「UMESHU」や「プラムワイン」と呼ばれ、日本食に合う飲み物として需要が拡大していると言われています(ネスレ調べ)。

そんな日本が誇る「梅酒」がこのたび、訪日外国人のお土産としても定番人気の「キットカット」とコラボレーション! その名も「キットカット 梅酒 鶴梅」。大好評を博した日本酒フレーバー「キットカット 日本酒 満寿泉」と同じく、元サッカー日本代表・中田英寿氏プロデュースのもとに開発された新作です。

全国350ヶ所以上の蔵元をめぐるなど、日本酒を知り尽くし、世界に向けてその魅力を発信し続けている中田氏が心血を注いだ梅酒フレーバーのキットカット。いったいどんな味なのか気になりませんか?

■「CRAFT SAKE WEEK @ KITKAT BAR」でいち早く試せる!

■「CRAFT SAKE WEEK @ KITKAT BAR」でいち早く試せる!

「キットカット 梅酒 鶴梅」をいち早く試してみるには、同商品の発売を記念して、9/13(木)~9/24(月・振休)の期間限定で都内にオープンしているインバウンド向け日本酒バー「CRAFT SAKE WEEK @ KITKAT BAR」を訪れるのがオススメ!

場所は、訪日外国人観光客が集まるエリアとして注目を浴びている、東日本橋の宿泊施設「CITAN」内。日本酒を楽しむ酒器として使用される“升”をモチーフにデザインされた、日本らしい空間がお出迎えしてくれます。升を幾重にも組み合わせたシャンデリアやバーカウンターがユニークでおしゃれ!

開催期間中は、新フレーバーの梅酒キットカットを試せるだけでなく、「キットカット」とのペアリングのために作られたオリジナルカクテルや、中田氏が厳選した梅酒・日本酒を各蔵元と交流しながら楽しむことができます。

「キットカット 梅酒 鶴梅」(9枚・700円)は、和歌山の高級銘柄「紀州南高梅」の中でも、濃厚な味わいを持つ完熟梅を厳選し、仕込みを繰り返してその五味を引き出した銘酒「梅酒 鶴梅 すっぱい」をベースとした粉末酒を使用。完熟梅のほのかに甘く奥深い味わいが、ホワイトチョコレートと繊細なバランスで組み合わせられることで、芳醇な香りとすっきりとした後味を堪能できます。

梅酒の酸味と香りを表現するのが大変だったと蔵元が語る新作キットカットは、9/18(火)より全国のお土産店と「キットカット ギフトショップ」、「キットカット ショコラトリー」で購入することが可能です。

■史上初!「キットカット」とオリジナルカクテルのペアリング

■史上初!「キットカット」とオリジナルカクテルのペアリング

これまで累計350種類を超えるフレーバーを展開してきた「キットカット」ですが、ペアリングのためのオリジナルカクテルが作られたのは、今回の「CRAFT SAKE WEEK @ KITKAT BAR」が初めてなのだとか! アジアのバートップ50を選ぶ授賞式「ASIA 50 BEST BAR 2018」でトップ16にランクインした「Bar TRENCH(東京恵比寿)」のバーテンダー、ロジェリオ・五十嵐・ヴァズ氏が監修したオリジナルカクテルは2種類。

「紀州トニック」(1000円)は日本酒ベースのカクテル。和歌山にある平和酒造の「紀土 純米吟醸酒」と、Bar TRENCH自家製の「バジルとキュウリのビネガー」を使用しています。

鼻を近づけてみると、たしかにキュウリのにおい……! そしてそこに、ほんのりビネガーとバジルの香り。どんな味なのか想像がつかないまま口に含んでみると、モヒートにも似た、爽やかなハーブのようなテイストで非常に美味!

この爽やかですっきりとした味わいが、「キットカット 梅酒 鶴梅」のホワイトチョコレートの甘さにベストマッチ。口のなかでマリアージュさせると、甘さとほどよい酸味とちょっとのビターさが絶妙なハーモニーを奏でます。

「Suppai-Colada」(1200円)は梅酒ベースのカクテル。「キットカット 梅酒 鶴梅」の原料の一つである「梅酒 鶴梅 すっぱい」(平和酒造)という梅酒を使用し、その味わいを引き立てるために、ゆずのシャーベットとホワイトカカオのリキュールを合わせ、ブレンダーでミックスしたという一品。

ホワイトカカオの落ち着いた香りにローズガーニッシュが加わり、深いアロマを感じられるように仕上げられています。ゆずシャーベットとホワイトカカオリキュールが合わさることで、「紀州トニック」よりもまろやかでスイートなお味。デザート感覚でいただけるお酒です。

「梅酒 鶴梅 すっぱい」は日本酒で作られた梅酒なのですが、日本酒には自然な糖度があるので、焼酎で漬ける梅酒よりも砂糖の甘さが抑えられているのが特長。梅のさわやかな香りと酸味がホワイトチョコレートの甘みと絶妙にフィットしているのが、キットカットの新フレーバー「キットカット 梅酒 鶴梅」。その梅酒じたいを、より強く感じたい方にはこちらのペアリングがオススメです。

■中田英寿氏厳選の梅酒・日本酒を各蔵元と交流しながら楽しめる!

■中田英寿氏厳選の梅酒・日本酒を各蔵元と交流しながら楽しめる!

「CRAFT SAKE WEEK @ KITKAT BAR」では、中田氏が全国から選りすぐった16種類のお酒(梅酒4種+日本酒12種)が楽しめます。各銘柄の蔵元が日替わりで自らお酒をサーブしてくれるので、酒造りのプロと直接コミュニケーションできる機会も。梅酒や日本酒の楽しみ方、豆知識などを聞いてみてはいかが?

提供される日本酒はすべて、中田氏が株式会社アルテクナと共同制作した世界初の日本酒セラー「The Cellar “Sake Master”」に貯蔵され、-5℃ほどで最高の状態に温度管理されています。陶芸家・林恭助氏と中田氏が共同プロデュースした日本酒専用の酒器「Millano」で提供されるので、ワインのように、より日本酒の香りを楽しみながらいただけるという楽しみも。

また、期間中は「西日本豪雨復興応援利き酒セット」が販売されるので、程よい量でたくさんのお酒の種類を試してみることもできます。Aセット(2500円)は「十四代 純米大吟醸 超特選」(山形・高木酒造)+2銘柄、Bセット(2000円)は「新政 亜麻猫オーク 2016」(秋田・新政酒造)+2銘柄、Cセット(2000円)は「東洋美人 特吟 純米大吟醸 播州愛山」(山口・澄川酒造場)+2銘柄。

各セットの“+2銘柄”は、秋田、山形、兵庫、和歌山、広島、富山、山口、佐賀の蔵元のお酒が日替わりでラインナップされます。どんなお酒を利けるのか、日によって違う楽しみ方ができそうです。

編集部が取材した当日のAセットは、「十四代 純米大吟醸 超特選」(山形・高木酒造)と「龍勢 別格純米大吟醸 生酛仕込み」(広島・藤井酒造)、「純米大吟醸 小鼓 路上有花 桃花」(兵庫・西山酒造)の3種類でした。

「十四代」は豊かでフルーティーな香りから繊細な旨みを感じられる、すっきりとした味わい。「龍勢」は瑞々しくもしっかりとした骨格、奥深い品を感じます。「小鼓 路上有花 桃花」は、やわらかくまろやかな口あたりと少し酸味を感じる爽やかな飲み口。香りや味、口あたりを感じながら飲み比べると、それぞれの違いや自分の好きな日本酒の傾向が見えてきて面白い体験ができますよ。

■お寿司のような感覚のオリジナル・タルティーヌは日本酒との相性抜群

■お寿司のような感覚のオリジナル・タルティーヌは日本酒との相性抜群

期間中にしか食べることができない限定メニュー「〆鯖と豆腐サワークリームの小さなタルティーヌ」(500円)も、梅酒や日本酒と合わせてぜひ食べてみてほしい一品です。こちらは、現代的な本格フレンチを提供し、『ミシュランガイド』でも2015年から4年連続で二つ星を獲得している「L’Effervescence(ルエフェルヴェソンス)」のエグゼクティブシェフ・生江史伸氏が監修。

サワーブレッドのパンじたいの酸味と豆腐サワークリームの酸味が、たっぷりの薬味で旨みを引き出した〆鯖と絶妙に合わさり、まるでお寿司のような感覚でいただけます。酸っぱすぎないので梅酒や日本酒の酸味の邪魔もせず、一緒に食べると相性抜群。酢飯が苦手という方にもオススメです。

新商品「キットカット 梅酒 鶴梅」は9/18(火)に全国発売されます。先行して開催されている「CRAFT SAKE WEEK @ KITKAT BAR」も初日から多くの訪日外国人が足を運び、大盛況している模様。新しい梅酒キットカットと、梅酒・日本酒の絶妙なマッチング。ぜひ試してみてくださいね。

■「キットカット 梅酒 鶴梅」商品概要
製品名 : 「キットカット ミニ 梅酒 鶴梅」
希望小売価格 : 700 円 (税抜)
販売開始 : 2018 年9 月18 日~
販売場所 :全国のお土産店、「キットカット ギフトショップ」 (りんくうプレミアム・アウトレット内)
「キットカット ショコラトリー(一部店舗を除く)」

■「CRAFT SAKE WEEK @ KITKAT BAR」開催概要
日時: 2018 年9 月13 日(木)~9 月24 日(月・振休)の12 日間
月~木曜・日曜日: 18 時00 分~24 時00 分 (23 時30 分 L.O)
金・土曜日 : 18 時00 分~25 時00 分 (24 時30 分L.O)
場所: CITAN (東京都中央区日本橋大伝馬町15-2)
ウェブサイト:https://nestle.jp/brand/kit/tsuruume/

Written by:

じしきゅう・なほ

じしきゅう・なほ

編集プロダクション、出版社でマンガ、小説、雑誌等の編集業を経て、現在はフリーランスの編集ライター時々デザイナーとして活動中。連ドラか音楽かお酒があればたいてい上機嫌。おとうふが好物。

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

検索