HOME 関西 奈良 奈良・生駒・天理 奈良公園周辺のおすすめ観光スポット&グルメ【奈良人気紅葉スポット】
奈良公園周辺のおすすめ観光スポット&グルメ【奈良人気紅葉スポット】

奈良公園周辺のおすすめ観光スポット&グルメ【奈良人気紅葉スポット】

公開日: 2020/09/09

奈良市の南東に広がる「奈良公園」は、「東大寺」や「興福寺」など、古都・奈良の魅力が楽しめる施設が盛りだくさん。奈良公園名物の「鹿」とも触れ合え、癒しの時間が過ごせます。また、古い町家が立ち並ぶ「ならまち」エリアにも近く、古い町家を改装した雑貨店やカフェで一息つくのもよし、奈良周辺で古都の魅力を感じましょう。

目次
  1. 【奈良公園】鹿がたわむれる、奈良の名物公園
  2. 【依水園】時代が異なる2つの庭園が鑑賞できる
  3. 【春日大社】約150種類もの万葉植物も見どころ
  4. 【興福寺】高さ50mの五重塔がシンボル
  5. 【東大寺】「奈良の大仏さん」が有名な寺院
  6. 【浮見堂】水の中に浮かぶ六角形のお堂
  7. 【ならまち格子の家】昔ながらの町家で休憩タイム
  8. 【遊 中川 本店】「日本の布」をテーマにアイテムを展開
  9. 【チャイナダイニング 飛天】医食同源がコンセプトの本格中華

【奈良公園】鹿がたわむれる、奈良の名物公園

【奈良公園】鹿がたわむれる、奈良の名物公園

奈良公園」は、奈良市東部に広がる東西約4km、南北約2km、敷地面積約500ヘクタールの都市公園です。奈良の大仏さんでおなじみの「東大寺」や五重塔が美しい「興福寺」などの仏閣のほか、「奈良国立博物館」や「奈良春日野国際フォーラム」などの文化施設などが隣接し、多くの観光客で賑わいます。

そして奈良公園といえば「春日大社」の神様の使いとされる約1,300頭の鹿が生息していることでも有名。また、秋になると広い園内の木々が赤や黄に色づき、美しい光景を醸し出します。

  • 奈良公園
    • 住所 630-0000 奈良県奈良市春日野町・雑司町・高畑町・登大路町 一帯
      地図をみる
    • 最寄駅 近鉄奈良 駅 (近鉄奈良線)
      徒歩5分
    • 電話 0742-22-0375

【依水園】時代が異なる2つの庭園が鑑賞できる

【依水園】時代が異なる2つの庭園が鑑賞できる

「東大寺」と「興福寺」の間にある「依水園(いすいえん)」は、総面積約11,000平方メートルの広大な池泉回遊式庭園で、国の名勝に指定されています。
江戸時代に作庭された「前園」と、明治時代に作られた「後園」の2つの異なる日本庭園を一度に鑑賞できるのが特徴で、秋の紅葉をはじめ四季折々の自然の美しさを感じることができます。園内には、青銅器や陶磁器、日本の茶道具など約2,000点を収蔵する「寧楽(ねいらく)美術館」もあります。

【春日大社】約150種類もの万葉植物も見どころ

【春日大社】約150種類もの万葉植物も見どころ

768年に武甕槌尊(たけみかづちのみこと)を守り神として造営された「春日大社」は、全国に約3000社ある春日神社の総本社です。御蓋山(みかさやま)一体が境内となっていて、朱塗りの本社のほか、さまざまなご利益がある神様がまつられています。
本社の西側には「春日大社神苑 萬葉植物園」があり、「万葉集」で詠まれている約300種の萬植物が生息しており、四季折々の表情が楽しめます。

【興福寺】高さ50mの五重塔がシンボル

【興福寺】高さ50mの五重塔がシンボル

710年、都が奈良の平城京に移された年に創建された「興福寺」は、五重塔がシンボルのお寺です。創建からこれまで何度もの火災で消失してきましたが、その都度再建されてきました。2018年には約300年ぶりに「中金堂」が再建されたことでも話題になりました。
五重塔や中金堂のほかにも、阿修羅立像を収蔵する「国宝館」や日本で一番美しい八角円堂とも言われる「北円堂」など見所は満載です。

【東大寺】「奈良の大仏さん」が有名な寺院

【東大寺】「奈良の大仏さん」が有名な寺院

奈良公園の中央に位置する「東大寺」は、世界最大級、高さ15mの銅像の大仏を本尊とするお寺で、「奈良の大仏さん」として親しまれています。その大仏が安置されている大仏殿は、幅約57m、奥行き約50m、宝さ約48mで世界最大級の木造建築物としても有名です。
広い境内の奥には、山裾に建てられた「二月堂」があり、張り出した舞台からは、紅葉に包まれる境内や奈良市街までが見渡せます。

【浮見堂】水の中に浮かぶ六角形のお堂

【浮見堂】水の中に浮かぶ六角形のお堂

春日大社の浅茅ヶ原園地(あさじがはらえんち)の林を抜けた鷺池(さぎいけ)に浮かぶ「浮見堂」は、檜皮葺(ひわだぶき)の六角形のお堂です。
秋は紅葉、春は桜などに包まれて立つお堂が水面に写り込む様子が美しいと評判で、憩いのスポットとなっています。お堂まで橋が渡されているので中に入って周りの景色を楽しむこともできます。

【ならまち格子の家】昔ながらの町家で休憩タイム

【ならまち格子の家】昔ながらの町家で休憩タイム

奈良公園の南西側に、「ならまち」というエリアがあります。世界遺産でもある「元興寺」の旧境内に広がる地域で、多くの古い建物が残されています。
「ならまち格子の家」もその一つで、建物の中は江戸時代から明治時代に多くあった伝統的なの町家の内部が再現されています。土間や中庭、箱階段など当時の生活を体験できる仕掛けがいっぱい。入場無料なので、散策途中の休憩にも利用できます。

【遊 中川 本店】「日本の布」をテーマにアイテムを展開

【遊 中川 本店】「日本の布」をテーマにアイテムを展開

「興福寺」の南側「猿沢の池」のそばに立つ「遊 中川 本店」は、創業から300年の歴史を有する老舗「中川政七商店」が直営するお店です。「日本の布(ぬの)」をコンセプトに、日本各地から集めた素材に現代の感覚を融合して様々なアイテムを作るテキスタイルブランドで、小物やバッグ、ストール、洋服、タペストリーなど幅広いアイテムが揃っています。

【チャイナダイニング 飛天】医食同源がコンセプトの本格中華

【チャイナダイニング 飛天】医食同源がコンセプトの本格中華
2,700円(税抜)コース
小籠包

医食同源をコンセプトにし、中国古来の伝統料理からカジュアルな中華までが揃う「チャイナダイニング 飛天」は、「ひがし向商店街」に店を構えています。
餃子450円(税抜)や小籠包450円(税抜)などの一品料理もありますが、少しずつ色々食べられるコース2700円(税込)〜がおすすめ。また、テーブルでサーブしてくれる8年もののカメ出し紹興酒600円(グラス・税抜)はテイスティングもできます。

奈良公園周辺には日本の歴史を感じる名所がたくさんあります。広大な敷地の施設が多いので、たくさん回りたいという人には近鉄奈良駅から各名所を周遊するループバスを利用するのがおすすめです。うまく利用して効率よく巡りましょう!

※新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、営業時間の変更や臨時休業、サービス内容の変更をしている場合があります。

Text by:株式会社エフィール

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

検索