HOME 池袋 朝から飲める!池袋で24時間営業している居酒屋3選
朝から飲める!池袋で24時間営業している居酒屋3選

朝から飲める!池袋で24時間営業している居酒屋3選

Update: 2017/07/06

東京屈指のターミナル駅であり、巨大な繁華街も広がる池袋。そんな池袋には、朝も昼も夜も関係なし!いついかなる時でもお酒を飲むことができる、24時間営業の居酒屋があるのだ。

帆立屋 池袋ときわ店

帆立屋 池袋ときわ店

北口から徒歩3~4分の場所に店を構える「帆立屋 池袋ときわ店」。 北口エリアの24時間営業の居酒屋の中では、最も正統派といえるお店。長いカウンターに加え、テーブル席もたっぷりとある広々とした作りで、昔ながらのスタンダードな居酒屋といった堂々たる雰囲気が魅力的だ。
メニューも定番おつまみを中心に、幅広く取りそろえられている。300円代のリーズナブルなおつまみも多いのが嬉しいところ。今回は、ヘルシーな「冷やしトマト」(350円)、そして日替わりから、「ふき味噌」(350円)と「赤貝刺」(580円)を注文。「浦霞」(555円)をはじめとして、日本酒の種類もかなり豊富だ。

  • 帆立屋 池袋ときわ店
    • 住所 〒171-0014 東京都豊島区池袋2-40−1 第2シャンボール 1階

若大将 まつしま

若大将 まつしま

「若大将 まつしま」は、 24時間営業な上に、なんと「全品335円」というすごいお店!お酒も料理も全て335円だが、いずれもボリュームたっぷりだ。酎ハイは腕にずしりと重みを感じるほどのビッグサイズ。「アジ&イカフライ」はあっつあつの揚げたてで、生野菜もたっぷり。この値段とは信じられない。
特にオススメの料理が、「特製煮込み」。かつおだしに塩ベースの上品なスープは、ニンニクがたっぷりと効いている。ゴロゴロと入ったモツに臭みも一切なく、スープだけでもお酒が進むような絶品!
壁には「価格早見表」があり、オーダーした数をみればすぐにお会計金額がわかるようになっているのも嬉しいポイント。
いつでもできたての美味しいおつまみが食べられる同店。昼間に前を通ると、「あれ、今何時?」と混乱してしまうほど店内が大にぎわいしていることもある。

  • 若大将 まつしま
    • 住所 〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-26-5

居酒屋 大都会

居酒屋 大都会

「居酒屋 大都会」は、池袋エリアの酒飲みにとって、24時間営業の居酒屋の代名詞。「ホテル サンシティ」の地下に店を構える同店は、池袋北口が目視できるほどアクセス抜群。常連さんから観光客の外国人まで、様々な人が時間なんてお構いなしに飲んでいる。
注文は全て食券制。お酒はビールやワインと幅広い種類が用意されており、生ビール2杯券など、とにかくお得なセットのバリエーションも多い。さらに、10:00~18:00まではタイムサービスとなり、生ビールが150円、酎ハイ(プレーン)が120円と驚愕の値段。
食事も100円の小鉢から用意されおり、とってもリーズナブル。「ポテトフライ」(250円)は、しっかりとじゃがいもの素材感があって、揚げたてホクホク!ここに来ると頼みたくなってしまうオススメのメニューだ。
名物の「そば」は200円と、こちらもかなりリーズナブル。タイムサービスの酎ハイを合わせて、たったの320円とは驚きだ。

  • 居酒屋 大都会
    • 住所 〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-29-1

ライター:paricco

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする