HOME 北海道 北海道 札幌・千歳 札幌にきたら並んでも食べたい!ジンギスカン5選
札幌にきたら並んでも食べたい!ジンギスカン5選

札幌にきたら並んでも食べたい!ジンギスカン5選

公開日: 2018/12/24
更新日: 2018/12/21

北海道名物のジンギスカンは、マトンやラム肉を、中央が盛り上がった鉄製ので焼いて食べる焼肉料理。多くはオーストラリアやニュージーランド、アイスランド産のマトンやラム肉だが、道内産の羊肉や、エゾシカ肉がある店も。焼いた肉にタレをつけて食べるスタイルと、タレに漬け込んである肉を焼いて食べるスタイルがあるなど、店により特徴があるので、食べ比べてみるのも楽しい。

行列のできる「だるま」の支店「成吉思汗だるま5・5店」

行列のできる「だるま」の支店「成吉思汗だるま5・5店」

1954年創業の「成吉思汗だるま本店」の新しい支店が2017 年10月にオープン。「ジンギスカンだるま本店」は、すすきのエリアの南5条西4クリスタルビル1Fにある老舗店で、常に行列が絶えない。支店の「成吉思汗 だるま 5・5店」もオープン当初から大人気。予約はできないので行列に並ぶ覚悟が必要だ。

開店前から行列ができる。30人ぐらいなら入店できる可能性が高い

ジンギスカンの基本のメニューは1種類のみ。肩ロースやロース、モモ肉など盛り合わせた成吉思汗850円だ。大きめカットの肉は食べ応え満点。札幌に多いつけダレ式なので、さっと焼いて店自慢のタレにつけて味わおう。

メニューの成吉思汗は毎日入荷するマトンを使用
脂身がジューシー。焼きすぎないように注意!

ほかにも、穀物だけで肥育されたフランス産マトンの特上1300円は、全部で5店舗ある「だるま」の中でもこの店だけでしか食べられない希少な肉。分厚いのに軟らかいヒレ肉1150円もあり、いずれも限定販売で売り切れ必至。

特上マトンは数量限定。開店時間と、22:00頃に追加で入荷する

「成吉思汗 だるま 5・5店」の店内は排煙設備が完備していて、炭火焼きでも煙が気にならない。さらに店内にはロッカーがあり、荷物をしまっておけばジンギスカン特有の臭いもつかなくて便利だ。

広いカウンターに七輪が並ぶ。排煙機能やロッカーもある
  • 成吉思汗 だるま 5・5店
    • 住所 〒064-0805 北海道札幌市中央区南5条西5丁目1
    • 最寄駅 地下鉄南北線すすきの駅から徒歩2分
    • 電話 011-551-5529

    時間:17:00〜翌3:00(2:30 LO)
    休み:無休

タレに漬け込んだ肉が特徴の「松尾ジンギスカン札幌駅前店」

タレに漬け込んだ肉が特徴の「松尾ジンギスカン札幌駅前店」

札幌市から約90km、旭川市の手前にある滝川市に本店のある松尾ジンギスカンの支店。道内各地や東京にも支店をもつ有名店だ。松尾ジンギスカンの特徴は独自のタレ! リンゴとタマネギ、醤油、生姜、香辛料などで作られるタレは、肉の臭みを消して肉が軟らかくする作用があるという。生ニンニクを使っていないので、ニンニクが苦手な人にも安心。

回りでたっぷりの野菜が煮えるよう、通常よりも深く工夫されたオリジナルの鍋

のまわりで野菜を煮て、タレがしみこんだ肉をたっぷりのせて焼いていく。初めてなら2989(ニクヤク)4種盛りセット2989円がおすすめ。ラムリブロースジンギスカン、特上ラムジンギスカン、ラムジンギスカン、ラムハツが1人前各60gに野菜、ライス、味噌汁、ドリンク1杯付き。そのほか食べ放題(100分、4000円〜)や、塩ラムステーキ1本850円などの単品メニューもある。

2989(ニクヤク)4種盛りセット。ドリンクも付いている
ラムチョップをソルトとハーブで味付けした塩ラムステーキ

店は札幌駅からのびる地下歩行空間の通路に直結。雨の日でも傘をささずに行くことができる。店内はジンギスカンの店ならぬオシャレな雰囲気で、ゆっくりと食事を楽しみたいときにもおすすめだ。

ゆったりとした店内。ディナータイムは予約がベター
  • 松尾ジンギスカン札幌駅前店
    • 住所 〒060-0003 北海道札幌市中央区北3条西4丁目1−1日本生命札幌ビルB1
    • 最寄駅 JR札幌駅から徒歩3分
    • 電話 011-200-2989

    時間:11:00〜15:00(14:30 LO)、17:00〜23:00(22:30 LO)
    休み:無休(ビルメンテナンス日は休み)

自家牧場で飼育したサフォークラムの「ジンギスカン 羊飼いの店『いただきます』」

自家牧場で飼育したサフォークラムの「ジンギスカン 羊飼いの店『いただきます』」

日本人が食事を始めるときの挨拶「いただきます」を店名にした店。自営農場で飼育した、北海道産純血サフォークのみを提供するこだわりで、生産、加工、熟成まで一貫して行っている。

自営牧場のサフォーク。顔が黒いのが特徴

一押しメニューのジンギスカン980円をはじめ、ロース1790円、肩ロース1790円、希少価値の部位の中落ち1790円など、いろいろな部位のほか、内臓系なども楽しめるのが魅力。塩水製法で作られたセミドライソーセージ、クラコウソーセージ各580円もおすすめ。

モモ、ウデ、バラ、スネなどバランスよくもられたジンギスカン
羊のレバーは980円
脂の甘みが味わえるロースは、塩・コショーにレモンで食べるのがおすすめ

店はすすきのの真ん中にある一軒家。店内はオープンキッチンを囲むカウンターメイン。常に行列ができているので、名前を記入して順番を待とう。

キッチンを囲んで席が並ぶ
  • ジンギスカン 羊飼いの店『いただきます』
    • 住所 〒064-0805北海道札幌市中央区南5条西5丁目1-6
    • 最寄駅 地下鉄南北線すすきの駅から徒歩2分
    • 電話 011-552-4029

    時間:11:30〜翌3:00(翌2:30LO)、日曜・祝日は〜23:00(22:30LO)
    休み:無休

すすきのの夜景を眺められる「夜空のジンギスカン本店」

すすきのの夜景を眺められる「夜空のジンギスカン本店」

すすきのに4店舗を展開する「夜空のジンギスカン」の本店。窓越しにすすきののシンボルでもある観覧車が見えるビルの10階にある。

夜景を見ながらジンギスカンが食べられる

本店では、オーストラリア産生ラムと、キムチや野菜盛り、ライスが食べ放題、さらにビールを含む60種類のドリンク飲み放題付きという、60分3800円のコースが人気。3種のジンギスカン食べ飲み放題コース4000円もある。

食べ飲み放題のコース。席利用は2時間まで

単品メニューも豊富にあり、人気は夜空の産地食べ比べセット2050円。道産やオーストラリア産生ラム、アイスランド産生ラム、北海道士別(しべつ)産ラム、エゾシカ肉の盛り合わせで、肉の食べ比べができる。米や野菜も札幌近郊の長沼の契約農家などから仕入れるなどのこだわり。醤油タレ、味噌タレ、ハーブ塩の3種で肉を味わえる。

3カ国の生ラムとエゾシカ肉の盛り合わせ
  • 夜空のジンギスカン 本店
    • 住所 〒064-0804北海道札幌市中央区南4条西4丁目MYプラザビル10F
    • 最寄駅 地下鉄南北線すすきの駅から徒歩4分
    • 電話 011-219-1529

    時間:17:00〜翌1:00(24:30 LO)
    休み:無休

工場直送のビールとジンギスカンなら「アサヒビール園羊々亭」

工場直送のビールとジンギスカンなら「アサヒビール園羊々亭」

すすきの交差点の近くにある、アサヒビールのビール園。アサヒビールは日本を代表するビールメーカーで、辛口のアサヒスーパードライが日本でも人気が高い。店内はワンフロアで250席という広さ。個室も完備している。また、無煙ロースターなので空気がクリーンなのもポイントが高い。大人数でできたての北海道工場製造のビール片手に、ジンギスカンを楽しむにはおすすめの店だ。

広々とした店内。団体での利用もできる

メニューは特選生ラムジンギスカンの食べ放題2980円や、一頭から8人前しかとれないラム肩ロース食べ放題3780円などがあり、食べ放題にプラス1280円でアサヒスーパードライやサワーなどが飲み放題にできる。千歳野澤牧場産の軟らかな道産テクセル100g1480円、道産サフォーク1580円などこだわりの肉もある。

  • アサヒビール園羊々亭ジンギスカン
    • 住所 〒064-0804北海道札幌市中央区南4条西4丁目 松岡ビル5F
    • 最寄駅 地下鉄南北線すすきの駅から徒歩1分
    • 電話 011-241-8831

    時間:17:00〜23:00(LO22:30)、土・日曜・祝日は16:00〜(5月3日~9月30日は12:00〜)。
    休み:無休

※特記以外すべて税込み価格です。

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

検索