HOME 銀座 外国人も認めるワンランク上のスイーツを!「銀座シックス(GINZA SIX)」日本らしい手土産まとめ
外国人も認めるワンランク上のスイーツを!「銀座シックス(GINZA SIX)」日本らしい手土産まとめ

外国人も認めるワンランク上のスイーツを!「銀座シックス(GINZA SIX)」日本らしい手土産まとめ

Update: 2017/06/27

銀座エリア最大の商業施設「GINZA SIX(銀座シックス)」が2017年4月20日 (木) にオープン!地下6階、地上13階建ての圧倒的なスケールを誇り、グルメ、ファッション、ビューティと241の有名ブランドが集結している。

外国人観光客が多く集まる銀座ということで、日本のお土産にふさわしい商品を扱うショップも多いのがGINZA SIXの特徴のひとつ。日本に訪れる外国人に人気のスイーツといえば、抹茶味や桜風味のお菓子が定番だが、GINZA SIXで売られているスイーツで日本のお土産にふさわしいものは?

そこでLIVE JAPAN編集部では、外国人観光客におすすめしたい手土産を、注目店のスタッフに選んでもらった。抹茶やフルーツなど日本ならではの素材、日持ちがして海外に持ち帰りやすいなど、どの商品もこだわりたっぷり!スタッフのおすすめコメントとともにご紹介。

【ISHIYA GINZA】「Saqu (サク) LANGUE DE CHAT」

【ISHIYA GINZA】「Saqu (サク) LANGUE DE CHAT」

北海道を代表する銘菓「白い恋人」でおなじみの石屋製菓が道外初出店。すでに外国人に日本のお土産として有名な「白い恋人」を彷彿とさせる「ラング・ド・シャ」や、北海道の雪山のような姿の「パイ」を中心に、ISHIYA GINZA店限定の新商品を展開する。

外国人観光客にぜひおすすめしたい一品は、「Saqu (サク) LANGUE DE CHAT」18枚入 (6種×各3枚) 1,944円 (税込) 。これまでの菓子製造で培った技術を活かして作った銀座店限定のラング・ド・シャ。6種類のフレーバーがあり、いずれも北海道産の素材にこだわっている。抹茶ミルク、北海道チーズ、北海道ワインなど、日本らしいフレーバーが特におすすめ。

「白い恋人のDNAを受け継ぎながら、銀座という土地にふさわしい高級感を追求しました」と、ISHIYA GINZAの丸山店長。石屋製菓の商品は空港の免税店で購入できるが、都内の一般エリアで買えるのはGINZA SIXのみ。北海道まで行けない人も、北海道の味を堪能できるに違いない。

  • ISHIYA GINZA
    • 住所 B2F 6-10-1 Ginza, Chuo-ku, Tokyo 1040061, Japan

    営業時間 10:30~20:30
    電話番号 03-3572-8148

【辻利 銀座店】「京濃い茶バウム」

【辻利 銀座店】「京濃い茶バウム」

150余年続く伝統を今に伝えながら、こだわりの商品を届ける宇治のお茶の老舗。京都で人気の辻利が、ついに関東初上陸。

外国人観光客にも人気の高い抹茶を扱っている同店だからこそ、どのラインナップも外国人観光客に喜ばれそう。辻利銀座店の三井店長に選んでもらったのが、「京濃い茶バウム」2,160円 (税込)。抹茶の濃厚な味わいと口どけにこだわり、職人が丁寧に焼き上げることで、密度の濃いしっかりとした味を実現。三井店長は、「他の商品に比べて日持ちがするので選びました。ご自宅に帰ってからも、日本の本格的な抹茶の味を堪能していただければ嬉しいです」とアピール。

また、銀座店だけの特別メニュー「辻利ソフト濃い茶」、物販では「京濃い茶テリーヌ」も展開。テイクアウトで人気のある抹茶ソフトクリームをはじめ、いずれも濃厚な抹茶を最後の一口まで存分に味わえるのがウリ。ショッピングの休憩に味わうのに打ってつけだ。

  • 辻利 銀座店
    • 住所 B2F 6-10-1 Ginza, Chuo-ku, Tokyo 1040061, Japan

    営業時間 10:30~20:30
    電話番号 03-6263-9988

【綾Farm】「不知火の生ドライフルーツ」

【綾Farm】「不知火の生ドライフルーツ」

日本初となる国産果実の生ドライフルーツ専門店。旬の果実のみを使用し、果実の風味がしっかり感じられるドライフルーツを届ける。元々、生でもおいしいフレッシュな果物を、素材そのものの風味を凝縮しているので、他では味わえない果汁感が口いっぱいに広がる。

春から夏にかけてのこの時期、同店が外国人観光客におすすめするのは、柑橘系の「不知火 (しらぬい)」2,160円 (税込) とのこと。ほどよい甘みと酸味、粒が残る食感のバランスが絶妙!ほかにもいちご、レモン、りんご、キウイ、メロンのフレーバーがあり、いずれも果物がそれぞれに持つ食感、清々しい爽やかな香りを感じられる。

綾Farmを手がける株式会社岡昇の岡崎代表取締役は、「生ドライフルーツは、ドライフルーツと生の果物のギリギリを極めた職人技により実現しました。日本人ならではの繊細さを感じていただけるのでは」と自信たっぷり。日本でフルーツを購入する外国人観光客も多いが、生ドライフルーツなら普通の果物よりも日持ちがする上に、形が崩れる心配がないのでお土産に最適だ。

  • 綾farm GINZA SIX店
    • 住所 B2F 6-10-1 Ginza, Chuo-ku, Tokyo 1040061, Japan

    営業時間 10:30~20:30
    電話番号 03-6263-9739

【パパブブレ】「ゆず抹茶ロッキーロード」

【パパブブレ】「ゆず抹茶ロッキーロード」

「日本一おもしろいお菓子やさん」のビジョンのもと、飴、マシュマロ、タフィーなど独自の技で職人が作る様々なコンフィズリーを販売。同ブランドはバルセロナ発祥だが、和のテイストを取り入れたショップは銀座店が世界初となる。

外国人観光客のお土産としてショップのスタッフさんが選んだのは、「ゆず抹茶ロッキーロード」1カット780円 (税込)。「ロッキーロード」とはマシュマロ、チョコレート、ナッツを混ぜ合わせゴツゴツした様子から岩場の道に例えられたお菓子。抹茶のチョコレートにゆずピールと玄米パフを混ぜて和素材で作り上げた、GINZA SIX限定商品だ。

パパブブレ広報担当の小井土さんは、「銀座という土地柄、外国人観光客が多いことを考慮して、和素材をふんだんに使ったお菓子を銀座店オープンにあたり多数開発しています」と話す。和をコンセプトにしたショップデザインにも注目!

  • パパブブレ GINZA SIX店
    • 住所 B2F 6-10-1 Ginza, Chuo-ku, Tokyo 1040061, Japan

    営業時間 10:30~20:30
    電話番号 03-6228-5535

【ふふふあん by 半兵衛麸】「スープ de お麸」

【ふふふあん by 半兵衛麸】「スープ de お麸」

創業320余年の京都の麸屋。日本伝統の食材であるお麸に遊び心やオシャレをプラスした新ブランド。京都以外では初出店となる。

ふふふあんを運営する株式会社半兵衛麸・営業部の林さんが、外国人観光客におすすめするのは「スープdeお麸 mini BOX」1,620円(税込)。こちらはなんと、お麸にチーズやバジルを練り込んだお麸のセット。お麸といえば味噌汁やお吸い物をイメージする日本人も多いが、洋風のスープにぴったり合う味付けに仕上げている。するりと食べられる優しい食感は、小さな子どもやお年寄りにもおすすめ。

同店ではそのほかにも、お麩を使ったお菓子の詰合せも販売。日本伝統のお麸を洗練させ、お土産にもふさわしくデザインしている。お麸を食べたことがない人にも抵抗感がないよう、試行錯誤を重ねて完成させた味つけに驚くはず!

  • ふふふあん by 半兵衛麸
    • 住所 B2F 6-10-1 Ginza, Chuo-ku, Tokyo 1040061, Japan

    営業時間 10:30~20:30
    電話番号 03-6280-6922

日本の職人技と旬の素材を堪能できる手土産が並ぶGINZA SIXのフードフロア。スタッフさんのコメントを参考に、海外から来たお友達におすすめしてみては。

  • GINZA SIX
    • 住所 6-10-1 Ginza, Chuo-ku, Tokyo 1040061, Japan

    【開業】
    2017年4月20日 (木)
    【営業時間 (予定) 】
    物販サービス 10:30~20:30 (地下2階~5階)、10:30~26:00 (6階)
    *ツーリストサービスセンター内の物販24時間営業
    飲食 11:00~23:30
    *一部カフェは 7:00~22:00
    【休館日 (予定) 】
    不定休

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする