金工

金工

弥生時代の銅鐸、銅矛から、室町時代の茶の湯釜など、日本では時代の要請に応じた金属加工技術が発展してきた。

詳しくみる