抹茶味のお菓子やスイーツ

抹茶味のお菓子やスイーツ

Update: 2017/05/02

「抹茶」は飲み物以外にも、料理やお菓子などの素材としても広く用いられる。抹茶は苦味がその特徴のひとつであるが、お菓子やスイーツと合わせることで、ほろ苦さと程よい甘さが調和し、まろやかな味わいに。今では日本を象徴する味のひとつとして、多くの人に楽しまれている。

健康面での効能

健康面での効能

「抹茶」が世界からも注目を集めているのは味だけでなく、健康面での効能にもある。特によく知られているのは、抹茶に含まれるカテキンの抗酸化作用だ。抹茶は茶葉をすりつぶして作られる。そこに含まれるカテキンをはじめ、通常は茶殻に残ってしまう抗酸化物質を、全てあますことなく摂取できるのは、抹茶ならでは。
なお、料理などに入れると、栄養素が他の食材に相殺されてしまうことがあるので、抹茶の栄養分を十二分に摂取するためには、そのまま飲むほうがよさそうだ。

伝統的な抹茶菓子

伝統的な抹茶菓子

抹茶ようかん:小豆を主体とした餡を寒天で固めた、古くから日本人に親しまれる和菓子。抹茶味のようかんは、小豆特有の色合いを抹茶色に染めるだけでなく、爽やかな抹茶の香りとほろ苦くさっぱりした味わいが印象的。

宇治金時:日本を代表するカキ氷のひとつ。抹茶シロップをかけたカキ氷に、小豆や白玉をトッピングしたもので、ここに練乳をかけると「宇治時雨」と呼ばれる。

ういろう:米粉と砂糖を混ぜた蒸し菓子。もちっとした食感で、小豆や抹茶などをはじめ様々な味がある。

もみじ饅頭:長い歴史を持つ、もみじの形をした焼饅頭。オリジナルはこしあんだが、今では抹茶、チョコレート、カスタードクリームなどもあり、その種類は豊富。

最新抹茶スイーツ

抹茶はチョコレートや焼き菓子、アイスクリームなどと非常に相性がよく、近年、抹茶を使用したお菓子やスイーツが数多く販売されている。

ネスレ『キットカット ミニ 濃い抹茶』

「キットカット」は日本のみならず、世界中にもファンが多いチョコレート菓子。特に『キットカット ミニ 大人の甘さ 抹茶』は、お土産に買って帰るととても喜ばれるそうで、訪日外国人に人気。まろやかなチョコレートと香り高い宇治抹茶の味わいが絶妙だ。
そんな「キットカット」シリーズに、2017年3月27日から『キットカット ミニ 濃い抹茶』が新登場。宇治抹茶を従来の2倍使用することで、濃くて深い苦味がやみつきな「キットカット」になっている。また、本格的なコクと苦味の中に上品な甘さも感じる『キットカット ショコラトリー サブリム 抹茶』も好評発売中だ。

祇園辻利 『抹茶アイスクリーム(カップタイプ)』

抹茶アイスクリームは、1960年代にはじめて作られたといわれている。その後、70年代に抹茶ソフトクリームが登場。90年代にはアメリカの大手高級アイスクリームメーカーが抹茶味を発売したことで、海外でもそのフレーバーが広く知られるようになった。
数ある抹茶アイスクリームの中でも、あなたの“抹茶欲”を満たしてくれるのが、2017年リニューアル発売された、祇園辻利の『抹茶アイスクリーム(カップタイプ)』。宇治茶と抹茶スイーツでその名を馳せている祇園辻利が、今回は抹茶を約2倍(100mlあたり)に増量するなどし、プレミア感のある商品に仕上がっている。

LOTTE 『クランキー 抹茶&クッキー』

大手お菓子メーカー「LOTTE」からも2017年3月より、抹茶を使用した新商品が発売。それが、『クランキー 抹茶&クッキー』だ。パフのさくさく感と、風味豊かな抹茶味のチョコレートのバランスが秀逸。
※なくなり次第終了

セブン-イレブン 『宇治抹茶あずきロール』

紅茶がケーキとセットでたしなまれるように、抹茶も、ケーキや焼き菓子に混ぜるととても相性がよい。
セブン-イレブンで販売中の『宇治抹茶あずきロール』は、生地にもクリームにも贅沢に抹茶を使用。コンビニの商品とは思えないほどのクオリティだ。
その他にも、抹茶プリンや抹茶パフェなど、抹茶を使用したスイーツの人気は高い。また、抹茶はお菓子にとどまらず、例えば、天ぷらを食べる際に、塩と混ぜた抹茶塩で食べると、食材のうまみがより一層引き立つ。

世界に広がる抹茶

こうして数百年に渡り伝承されてきた抹茶の伝統や文化、それによって育まれた技術を紐解いていくと、なぜ「抹茶」がこんなにも世界を魅了し続けているか、分かったのではないだろうか。次に抹茶を口にする際は、ぜひそのすばらしさを改めて噛みしめ、味わってみよう。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする