こどもの日 ー こどもを重んじる日本の祝日

こどもの日 ー こどもを重んじる日本の祝日

Update: 2017/03/21

母の日や父の日、敬老の日などと同様に、日本には「こどもの日」がある。ゴールデンウィーク期間中の5月5日、こどもの人格を尊重し、健康と幸せを祈るとともに、母親に感謝をする日である。

こどもの日の歴史と変遷

こどもの日の歴史と変遷

元々この日は、こどもの日ではなかった。旧暦の5月5日の日に合わせ、侍文化と密接にリンクする「端午の節句」や「男の子の日」として祝われていた。日本には3月3日に「女の子の日」、ひなまつりがあり、こちらは現在も続く習慣である。

男の子の日には、鯉のぼりと呼ばれるカラフルな鯉を空に掲げる。かつては、金太郎人形を飾る習慣もあった。金太郎という名前は、こどもながら熊に対しても非常に強靭に立ち向かった伝説の武士・源頼光の家来の名に由来した。また、侍が防具として使用した「兜」も端午の節句を象徴する飾りのひとつである。

こどもの日の誕生

こどもの日の誕生

1948年、日本政府は5月5日をこどもの日として正式に国民の祝日と定めた。鯉のぼりや金太郎から連想される強い男子像など、男の子の日から続く多くの伝統は、こどもの日にも受け継がれている。ショウブの根や葉を入れて沸かす風呂、菖蒲湯に入る伝統もあり、病気から身を守ると信じられている。

現在のこどもの日

現在のこどもの日

こどもの日には、いくつか伝統的に食べ続けられている食べ物がある。そのひとつが餅に餡を詰め柏の葉で巻いた柏餅だ。三角形に作られたもち米を笹の葉で包んだ中国由来の食べ物・ちまきもそのひとつだ。元々この葉っぱも食べられる意図で包まれていたのだとか。

こどもの日は、今日の日本でも重んじられている習慣・祝日である。各家庭だけでなく学校でも祝われ、21世紀の現在でも、古き伝統を受け継ぎ、楽しく伝統的な活動とともに祝うのである。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする