日本でインターネットを使うには

日本でインターネットを使うには

Update: 2016/12/22

日本は、世界的に見ても最速のネットワーク環境を広く提供する国のひとつである。フリーWi-Fiに接続できるスポットが大都市を中心に設置されており、空港、電車やバスの中にまで行き届いているケースも少なくない。しかしながら、フリーWi-Fiは大都市や人気の観光スポットなど、比較的多くの人々が密集したエリアでのみ発達しており、現実的に広く日本全国で容易に使用可能であるとはいえないのが現状である。安定したインターネットへの接続を保つためには、旅行日数や費用等を鑑み、別途有料サービスを用いることが有益な手段だろう。

日本を旅行する際のインターネットへの接続

日本を旅行する際のインターネットへの接続

空港等に備え付けのWi-Fiスポット、インターネットカフェやポケットWi-Fi等を使用するなど、安定したインターネット環境を保つためには、いくつかの手段がある。日本には旅行者がどこに行くか、何日滞在するかを問わず、多くのフリーWi-Fiのサービスがある。しかしながらその多くは、使用するにあたっての登録手続きや、アプリのダウンロードを要するものが多く、加えて通信スピードが遅くなることもある。

空港のWi-Fiスポット

空港のWi-Fiスポット

日本の主要空港においては、旅行者が空港のフリーWi-Fiスポットを使用できる。空港のウェブサイトから手続きを行うと、すぐにWi-Fi使用が可能となる。英語やその他言語にも対応しているため、簡単に接続の手続きを行えるだろう。日本にあるほとんどのホテルでも、インターネット接続が可能だ。一部の高級ホテル等では日ごとに支払いが必要なケースやLAN接続を要するケースもあるが、東京都や大阪府、京都府、福岡県等、観光地にあるホテルでは、それぞれのインターネット回線から旅行者向けにフリーWi-Fiを提供している。

インターネットを持ち歩く-ポケットWi-Fi-

インターネットを持ち歩く-ポケットWi-Fi-

近年、日本旅行者にフリーWi-Fiとは別の手段として支持を集めているのが、ポケットWi-Fiをレンタルすること。おそらく、日本を旅行するにあたって最も便利なインターネットの使用方法は、これだろう。ポケットWi-Fiは、事前に申し込みをしておくと、到着時の空港で受け取れる。レンタル会社によっては、旅行者の滞在先へ、直接配達してくれる場合もある。ただ欠点があるとすれば、使い続けるにもバッテリーに限りがある点、レンタル料金がかさむ点だ。

価格は一般的に2000円~4000円、使用日数によってはそれ以上になることもある。日本の携帯電話会社や主要なインターネット機関を通じて、レンタルが可能だ。

インターネットカフェ

インターネットカフェ

前述のポケットWi-Fiのように常にインターネット環境を必要としないならば、インターネットカフェを利用することも一案。「インターネットカフェ」や「ネットカフェ」、「マンガ喫茶」など名称は様々だが、基本的にはどれもサービス内容に変わりはない。

基本料金を払うことで、インターネットに無制限に接続可能なパソコンが提供され、ドリンクバーやシャワー利用も可能となる。ポケットWi-Fiほど長期的に必要とはしていないが、ある一定の時間インターネットが必要な方にとっては、便利なスポットといえるであろう。 インターネットカフェおよびマンガ喫茶は、都道府県問わず多くの市や町で利用できる。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする