HOME 熱海 熱海観光王道コース
熱海観光王道コース

熱海観光王道コース

Update:

温泉に、海鮮グルメにビーチでのんびり…!「熱海でしたいこと」を網羅した熱海駅起点のおすすめコースをご紹介。熱海駅周辺の賑わいや路地裏のレトロな雰囲気などさまざまな表情をのぞかせる熱海を満喫できる。丘の上にある熱海城は「湯~遊~バス」を上手に利用しよう。

  1. 1
    数多くのショップが立ち並ぶ商店街
  2. 2
    新鮮な魚介料理を満喫
  3. 3
    日帰り客のための立ち寄り湯
  4. 4
    南国風のリゾートビーチ
  5. 5
    有名文学作品の像がある写真スポット
  6. 6
    熱海を一望できる展望台
1

数多くのショップが立ち並ぶ商店街

数多くのショップが立ち並ぶ商店街

熱海駅を降りてすぐの場所にある、「仲見世通り商店街」「平和通り商店街」は飲食店やみやげ物店が立ち並んでいる。温泉街には欠かせない「温泉まんじゅう」を食べ歩きながら、買い物を楽しもう。

2

新鮮な魚介料理を満喫

新鮮な魚介料理を満喫

新鮮な海鮮を食べられることで有名な「まぐろや」は、地元住民も多く利用する人気店。名物の「まぐろ丼」500円は、リーズナブルながらかなりのボリューム感。その他にも「刺し身定食」「釜揚げしらす丼」といった人気メニューが並ぶ。
魚をさばいた際の残り部分で作るスープ「あら汁」がつくのも、海が近い熱海ならではのサービスだ。

営業時間:11:00~14:30、16:00~17:30(売り切れ次第閉店)
定休日:水曜(月2回不定休)

  • 熱海 まぐろや
    • 住所 ATAMIX B1F,Tawarahontyou9-1, Atami-shi, Shizuoka, 413-0000
3

日帰り客のための立ち寄り湯

日帰り客のための立ち寄り湯

「日航亭大湯」は、観光客も気軽に立ち寄れることで有名な老舗日帰り温泉。汗を流すのにも最適だ。
竹林が周囲を囲む露天風呂は、20人程が一度に入れる広さ。また、5名まで入れる個室も用意されているので家族連れにもおすすめだ。

営業時間:9:00〜20:00
定休日:火曜日 (祝日の場合は翌日)
入浴料:大人1000円
休憩個室:1室5名まで 2時間2000円

4

南国風のリゾートビーチ

南国風のリゾートビーチ

夏になると多くの海水浴客が訪れる「サンビーチ」は、ヤシの木が植えられ、日本とは思えない雰囲気。夜は砂浜がライトアップされ、南国のリゾート地のような景色が広がる。海開きは例年7月の第二土曜日から8月31日まで。

海開き期間中の遊泳可能時間:9:00~17:00
ライトアップ:毎晩日没~22:00

5

有名文学作品の像がある写真スポット

有名文学作品の像がある写真スポット

海岸沿いにある「お宮の松寛一・お宮の像」は、写真スポットとして有名な場所だ。明治時代に人気を博した尾崎紅葉の文学作品『金色夜叉』の主人公の銅像で、熱海の名を日本中に広める大きなきっかけとなった。

6

熱海を一望できる展望台

熱海を一望できる展望台

錦ヶ浦の山頂にある「熱海城」。天守閣の展望台からは熱海全域の景色が一望できる。熱海はリゾートホテルや美しい海が広がることから、「東洋のモナコ」に例えられる。
天気のいい日には、1階の足湯(無料)に浸かりながら景色を眺めよう。

営業時間:9:00〜17:00
定休:無休
料金:大人900円

  • 熱海城
    • 住所 413-0000 静岡県熱海市曽我山1993
      地図をみる
    • 最寄駅 熱海 駅 (東海道新幹線 / 東海道本線 / 伊東線)
    • 電話 0557-81-6206

ライター:山下貴將

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする