HOME 両国・東京スカイツリー(R) JR両国旧駅舎が江戸時代風に!2016年11月全面リニューアル
JR両国旧駅舎が江戸時代風に!2016年11月全面リニューアル

JR両国旧駅舎が江戸時代風に!2016年11月全面リニューアル

Update: 2016/11/22

両国が江戸時代にタイムスリップ!2016年11月、JR両国旧駅舎が江戸時代のような装いに全面リニューアルする。歴史ある旧駅舎を改装した複合飲食施設「-両国- 江戸NOREN」が誕生し、「粋な江戸の食文化を楽しむ」をコンセプトに、「味」「素材」「料理人」のこだわりを堪能できる。食だけではなく江戸の伝統や文化を楽しめるイベントも行う。

両国と和食の関係は江戸時代に形成

両国と和食の関係は江戸時代に形成
写真:すみだ地域ブランド協議会・墨田区提供

江戸時代、両国は最も町民で賑わっていた街だった。町人の活気に溢れ、握り寿司が最初に広まった場所といわれている。食文化の発展とともに、活気、粋、遊び心が熟成されたのもこの頃。「‐両国‐江戸NOREN」は、和食の魅力を多くの人と共有することを目指している。

館内の12のショップは、江戸前鮨や天ぷら、そばなどの和食店舗で、その他江戸の食文化にまつわるイベントを多数展開。訪日客や団体客にも対応している。

外観は懐かしさ溢れるデザイン

外観は懐かしさ溢れるデザイン

1929年に建造された歴史ある両国旧駅舎を改装。アーチ型にデザインされた3つの窓、中央にある駅時計らは、当時の面影や懐かしさを残しながら、新たな施設として生まれ変わる。内部は町屋(商人の家)を彷彿とさせる空間が広がる。

魅力がいっぱいの両国

魅力がいっぱいの両国

「‐両国‐江戸NOREN」には観光案内所が設置され、江戸東京博物館、両国国技館、新設されるすみだ北斎美術館もある。旧駅舎のリニューアルにより、両国はますます人気が出ること間違いなし!

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする