HOME 上野 芸術の秋を満喫!11月のおすすめ展覧会&美術展
HOME 渋谷 芸術の秋を満喫!11月のおすすめ展覧会&美術展
HOME 東京郊外 芸術の秋を満喫!11月のおすすめ展覧会&美術展
芸術の秋を満喫!11月のおすすめ展覧会&美術展

芸術の秋を満喫!11月のおすすめ展覧会&美術展

Update: 2016/11/15

江戸時代中期に活躍した円山応挙やエコール・ド・パリを代表する画家・藤田嗣治、そして20世紀に活躍したゴッホとゴーギャン。先史時代に描かれたクロマニョン人の壁画も見逃せない。時を超えて人々を魅了し続ける作家たちの美の世界を紹介。写真提供=府中市美術館

生誕130年記念藤田嗣治展

生誕130年記念藤田嗣治展

10月1日(土)~12月11日(日)
藤田嗣治は、モディリアーニやシャガールと並んでエコール・ド・パリを代表する画家のひとり。1913年、26歳でパリへ渡り、日本的な繊細な表現を油絵で再現しようとした。特に 裸婦像で見られる独自の“乳白色の肌”は絶賛された。本展では、国内外の名品により東西の間に花開いた彼の芸術の全貌を紹介。大作を含む約110点を展示する。
入館料)1000円、時間)10:00~17:00、休)月曜(祝日の場合は翌日)

ゴッホとゴーギャン展

ゴッホとゴーギャン展

10月8日(土)~12月18日(日)
ゴッホとゴーギャンという2人の偉大な画家の関係性に焦点を当てた画期的な展覧会。国内外の主要美術館の協力を得て、ゴッホとゴーギャンの油彩画約50点と、2人に影響を与えたミレー、モネ、ピサロなどの油彩画約10点を含む約60点を展示。これらの作品によって2人の偉大な芸術家の交流と作品の変遷をたどる。それぞれが最高傑作と認めたゴッホの「収穫」、日本初公開となるゴーギャンの「ブドウの収穫、人間の悲惨」は見もの。
入館料)1600円、時間)9:30~17:30(金曜、10月22日、11月2・3・5日~20:00)、休)月曜(祝日の場合は翌日)

  • 東京都美術館
    • 住所 110-0007 東京都台東区上野公園8-36
      地図をみる
    • 最寄駅 上野 駅 (北海道新幹線 / 東北新幹線 / 秋田新幹線 / 山形新幹線 / 上越新幹線 / 北陸新幹線 / 京浜東北線 / 山手線 / 東北本線 / 宇都宮線 / 高崎線 / 常磐線 / 東京メトロ銀座線 / 東京メトロ日比谷線)
      徒歩7分
    • 電話 03-3823-6921

特別展「世界遺産 ラスコー展」

特別展「世界遺産 ラスコー展」

11月1日(火)~2017年2月19日(日)
1979年に世界遺産に登録されたラスコー洞窟の壁画。特別展「世界遺産 ラスコー展 ~クロマニョン人が残した洞窟壁画~」では、ラスコー洞窟の全貌を紹介するとともに、保全のために非公開となっている世界遺産の壁画を、最新のテクノロジーを駆使して原寸大に再現。洞窟壁画の中でも最高傑作とされる「身廊」「井戸の場面」の2点を間近で鑑賞できる。さらに、洞窟壁画だけにとどまらないクロマニョン人の芸術世界を紹介。ラスコー洞窟で見つかった画材や道具類を世界で初めて公開する。

入館料)1600円、時間)9:00~17:00(金曜~20:00)、休)月曜、12月28日~1月1日、1月10日

  • 国立科学博物館
    • 住所 110-8718 東京都台東区上野公園7-20
      地図をみる
    • 最寄駅 上野 駅 (北海道新幹線 / 東北新幹線 / 秋田新幹線 / 山形新幹線 / 上越新幹線 / 北陸新幹線 / 京浜東北線 / 山手線 / 東北本線 / 宇都宮線 / 高崎線 / 常磐線 / 東京メトロ銀座線 / 東京メトロ日比谷線)
      徒歩5分
    • 電話 03-5777-8600

開館75周年記念特別展 円山応挙

開館75周年記念特別展 円山応挙
藤花図屏風(左隻)円山応挙筆 日本・江戸時代 安永5年(1776) 根津美術館蔵

11月3日(水・祝)~12月18日(日)
根津美術館は、実業家・初代根津嘉一郎氏が蒐集した日本・東洋の古美術品コレクションを保存し、展示する美術館として1941年に開館。本展はその75周年記念として開催される特別展で、円山応挙の貴重な作品を堪能できる。円山応挙は江戸時代中期に、中国絵画で体得した徹底的な写生に基づきながら、独自の画風を確立させた絵師であり、円山派の祖でもある。なかでも重要文化財「藤花図屏風」は必見。応挙の写生画風の真骨頂を示す作品である。

入館料)1300円、時間)10:00~17:00、休)月曜(祝日の時は翌日)、年末年始、展示替期間

  • 根津美術館
    • 住所 107-0062 東京都港区南青山6-5-1
      地図をみる
    • 最寄駅 表参道 駅 (東京メトロ銀座線 / 東京メトロ千代田線 / 東京メトロ半蔵門線)
      徒歩10分
    • 電話 03-3400-2536

戦国時代展 -A Century of Dreams-

戦国時代展 -A Century of Dreams-
米沢本 川中島合戦図屏風 左隻(部分) 米沢市上杉博物館蔵 ※前期(11月23 日~12月25日)展示

11月23日(水・祝)~2017年1月29日(日) 
室町幕府の衰退に伴って各地で群雄が割拠し戦乱によって国の秩序が大きく乱れた「戦国時代」。同時に絵画や建築・茶の湯など京都で成熟した文化は日本各地へもたらされ、新たな地域文化として再生産されたといわれている。
京都・北野天満宮蔵の「太刀 銘 安綱(鬼切)」(重要文化財)や兵庫・白鶴美術館蔵の「四季花鳥図屏風」(重要文化財)など、全国各地の貴重な歴史資料や美術工芸品などの展示を通して、日本の戦国時代にフォーカスをあて、多様な広がりを見せる時代や逞しく躍動した人々の姿に迫る。※会期中展示替えあり

入館料)1350円 時間)9:30~17:30 (土曜日は~19:30)※入館は閉館の30分前まで 休)月曜、年末年始(12月26日(月)~1月1日(日))※1月2日、9日、16日は開館。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする