HOME 浅草 [MOVIE] うさちゃんと遊べるテーマパークが浅草に!
[MOVIE] うさちゃんと遊べるテーマパークが浅草に!

[MOVIE] うさちゃんと遊べるテーマパークが浅草に!

Update:

うさちゃんを好きじゃない人っている?実際にうさちゃんを思う存分ぎゅっとできる場所があるって聞いたら、どうする?LIVE JAPANでは、5 階建てビル まるごと1 棟のなかで、うさぎに餌をあげたり、一緒に写真を撮ったりできる店を浅草で発見!今回は、ぜひその「うさぎまみれ」の様子をご紹介したい。

うさちゃんと遊ぼう&記念撮影も!

うさちゃんと遊ぼう&記念撮影も!

私は幼い頃から動物好きなので、浅草にうさぎのテーマパークがあると聞いた瞬間、すぐに訪れることにした。日本の猫カフェはここ数年で世界的にも有名になった。コーヒーを飲みながら、子猫ちゃんたちとリラックスできる空間なのだ。しかし、うさぎカフェとなると、日本でもすごく珍しい。うさぎは猫ほど一緒に遊んでくれるイメージはないけど、にんじんあげたら食べてくれるかな?私のこと怖がったりしないかな?と、ワクワクそわそわしながら、お店に向かった。

うさちゃんとの可愛い出会い

うさちゃんとの可愛い出会い

2016年12月にフルリニューアルオープン予定の同店には、8種類26匹のうさぎが同居している。うさぎを楽しむのにはさまざまなプランがあって、詳しくは同記事の最後にまとめているが、基本料金は大人1,800円で「バニー ミュージアム」にも入場できる。追加料金で、抱っこや撮影、お部屋デートもできる。私はもちろん、全部体験できるハッピー300%プランに決定!

ふわふわのお友達をチョイス

ふわふわのお友達をチョイス

お店に着くとスタッフに温かく迎え入れられ、まずはバニー・ミュージアムへ。そこはうさぎのホテルのよう。たくさんのうさぎ小屋が並び、一つの小屋にうさぎが一匹ずつ入っているモダンでおしゃれな空間。小屋には食べ物、水、わら、おもちゃも揃っている。私はお部屋に連れて行くうさちゃん2匹を選ぶことにした。一匹ずつ見ていくと、その見た目だけでなく性格もみんな異なることに気がついた。うさぎはびくびくしているものだと思っていたけど、全然シャイじゃないうさぎもいて、ちょっとびっくりした。

どのうさぎが良い?とスタッフに聞かれたけど、どの子も可愛い過ぎて、見た目だけでは選べない!そこで、人懐っこい、おすすめのうさちゃんを聞いてみた。すると、耳が垂れた、茶色と白の女の子のうさちゃんを抱かせてくれた。名前はビーグル。もう一匹は、全然違うタイプのうさぎにした。ジャンヌという名前のアクティブでエネルギッシュな子にした。この子はビーグルよりも毛が短く、耳はもっと長かったし、身体も大きかった。室内を飛び跳ねて回っている様子を見て、この子にはもっと大きな部屋が必要かもと思った。

プライベートルームで癒しの時間

プライベートルームで癒しの時間

うさちゃんをピクニックバスケットのような籠に入れて、上の階へ。プライベートルームは日本のカラオケ屋さんの個室のような造りになっていて、大きな画面スクリーンと二つのソファが配されていた。ソファはちょうど部屋を分断しているように置かれているので、連れてきた二匹は、互いにぶつかることなく自由に遊びまわることができる。でも私はほとんどの時間を、ビーグルをひざに抱いて過ごした。

遊びの時間だよ!

遊びの時間だよ!

ちょっとしてから、ビーグルを床におろして、部屋中を飛び跳ねさせてあげようと思った。その間、ジャンヌと遊ぼうと思ったけど、どうやらこの子は抱っこされるより自由に遊びまわっている方が好きみたい。2~3分の間、抱っこさせてくれたけど、ちょっとしたすきに床に飛び降り、またもや部屋中を飛びはね始めた。諦めてビーグルの方に戻ろうと思ったら、ジャンヌも付いてきて、ソファの壁に前足をかけて立ち上がり、ビーグルに向かってご挨拶。なんと可愛い!

ルーフトップガーデンでお散歩

ルーフトップガーデンでお散歩

めいっぱい遊んだ後、私はこの二匹の新しい友達に別れを告げてルーフトップガーデンへ。秋にしては暖かく、そして晴れ渡ったその日の午後は、新鮮な空気を楽しむのにぴったりの日だった。小さなブランコと小さなハーブのお庭が造られたルーフトップに、別の2匹のうさぎが登場。お庭はただの飾りではなく、うさぎがそのハーブを自由につまみに来られるようにと造られているのだとか。シンという名前のうさぎに可愛らしいリードをつけて、スタッフが私に渡してくれた。お散歩の始まりだ!と思ったら、道すがら、シンはパセリやミント、バジルなどを食べるのに忙しそうだった。

夕陽を見ながらのブランコ

夕陽を見ながらのブランコ

最後のひとときはビビと。ふわっふわで、耳がだらりと垂れたビビは、誰のハートをも溶かすであろう可愛さ!毛が長すぎて、顔がみえないほど。私はビビをひざに乗せてブランコにすわり、浅草の町並みをバックに記念撮影をした。ビビはブランコに揺られ、ひざの上で快適そうに見えた。
私はその日、小屋にいる全てのうさぎにさよならを告げて、幸せな気持ちで家路についた。

料金プランはこちら

浅草駅から徒歩約4分と好アクセス。お好きなプランを選んでね。

プラン

HAPPY 100% - 見放題&おやつ体験&ドリンク&撮影可能(触れません) 大人子供共通1,800円

HAPPY 200% - 抱っこし放題&おやつ体験&ドリンク&撮り放題 大人3,800円、子供2,800円

HAPPY 300% - お部屋で遊び放題&おやつ体験&ドリンク&撮り放題 大人7,800円、子供4,800円

※どれも時間無制限です。0〜6歳までは無料です。

うさぎをちょっと見たり、遊んでみかったりしたら、ぜひ同店へ。日本以外では味わえない経験が待っています。

  • HUTCH ASAKUSA
    • 住所 1-7-1 Hanakawado, Taito-ku, Tokyo 111-0033

Written by:

Holly Neslusan

アメリカのマサチューセッツで育ち、新たな冒険と、おいしい緑茶を探しに日本へやってきました。様々なことを追求し、そして書くことを通じて、大都市・東京で私だけの生き方をみつけることができました。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする