HOME 浅草 [MOVIE]浅草で人力車ツアー
[MOVIE]浅草で人力車ツアー

[MOVIE]浅草で人力車ツアー

Update:

浅草で何度も遊んでいるけど、「やりたいことリスト」はまだいっぱい。その一つは人力車。浅草駅前にいつも停まっていて、乗っている旅行者も何度も見かけたことがある。みんな楽しそうだけど、一体どんな気分だろう?

浅草は特別な場所

浅草は特別な場所

浅草はいつも心に残る素敵な場所。江戸から続く「下町」は今もなおその面影を残し、東京スカイツリー(R)、アサヒビール本社のような現代的な建物さえも、下町の雰囲気に馴染んでいる。また、毎年5月に開催する浅草三社祭をはじめ、迫力ある祭りが楽しめる。

人力車の旅の始まり

人力車の旅の始まり

いよいよ乗車。人力車を走らせる「車夫」さんは、「僕の名前はユウキです。ユウと呼んでください」と自己紹介してくれた。ユウが所属する「小杉屋」は、彼を含め英語を話せる人が多いそう。

私が乗った人力車は二人乗りだけど、三人乗りの大きな人力車もあるらしい。「そんな大きな人力車を引くのは大変じゃない?」と聞くと、彼は「強いから大丈夫!」と自信満々な笑顔で答えた。

道中にて

道中にて

"まず驚いたのは、快適な乗り心地。道の凸凹を全然感じなかった。快適だけど、隣にはバスやタクシーが一緒に走っているし、とてもシュール。隅田川に架かる橋を渡ると、東京スカイツリー(R)、アサヒビール本社の金色の炎がある浅草スカイラインを一望できた。

信号を待ちながら、ユウさんとおしゃべりをした。ユウさんは福島県のお寺の息子さん。仏教を勉強する為に上京し、今でも時々地元に帰って、お坊さんをすることもあるそう。他にも、メジャーリーグやレッドソックスの話題で盛り上がった。浅草で人力車に乗りながらアメリカの話を英語でするなんて、それも面白い体験だった。

興味深い名所

興味深い名所

人力車に乗って、多くのの名所を通過した。東京最古の洋風バー「神谷バー」、浅草公会堂、和服専門店。ユウはその専門店で、車夫用の服や足袋を買っているそう。

江戸時代の東京、日本のロビンフッド探し

江戸時代の東京、日本のロビンフッド探し

下町の一角を曲がった時、ユウはビルを指差した。え!?忍者がビルを登ってる!?しかも、1人だけじゃなくて、よく見ると5人も!この人達はもちろん人間じゃなくて彫像で、伝説の大泥棒なのだとか。5人の泥棒は悪徳大名の家に忍び込んだと言われている。彼らの名前は「白浪五人男」。「泥棒だけど良い人達。言わば日本のロビンフッド」と、ユウは話した。

今生の別れ

今生の別れ

いつの間にか私の人力車ツアーはもう終わり。一生に一度の体験をユウに感謝して、浅草を散歩するため人力車を降りた。人力車は驚くほど楽しかったので、早く試してほしい。バスツアーもあるけれど、浅草らしい場所を見られるのは人力車が一番!

次はあなたの番!

次はあなたの番!

私は小杉屋で予約したけれど、浅草駅前には予約なしの人力車も待っている。小杉屋のウェブサイトには英語ページもあるので、予約も簡単。20分コースは1人4000円、2人6000円、3人で9000円。

  • 浅草人力車 小杉屋
    浅草人力車 小杉屋
    • 住所 111-0034 東京都台東区雷門2-15-3
    • 最寄駅 浅草 駅 (東京メトロ銀座線 / 都営浅草線 / 東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン) / つくばエクスプレス)
      徒歩1分
    • 電話 080-3095-5785

Written by:

Holly Neslusan

アメリカのマサチューセッツで育ち、新たな冒険と、おいしい緑茶を探しに日本へやってきました。様々なことを追求し、そして書くことを通じて、大都市・東京で私だけの生き方をみつけることができました。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする