ディスカウントストア

ディスカウントストア

Update:

食料品から日用品、家電や衣類など、ジャンルを問わずさまざまなものを安く販売するディスカウントストア。安さはもちろん、その品揃えの幅広さが日本人の生活の心強い味方だ。

日本のディスカウントストアの歴史

日本のディスカウントストアの歴史

低価格を前面に打ち出したディスカウントストアは、家電やメガネなど特定の分野に限定した店舗が1970年代に出てきたことで、本格的な発展を遂げた。1990年代に入ると、ありとあらゆるジャンルの品物を扱う大型ディカウントストアが登場。「激安」を売りに全国チェーン展開する店舗などがブームとなった。

ディスカウントストアで買える物

ディスカウントストアで買える物

店舗によって異なるが、食品や衣類、日常生活で使う小物や雑貨など、取り扱う品物のジャンルは幅広い。全国展開する有名チェーン店では、家電やブランド物のアクセサリー、バッグ、時計なども安さを魅力に販売していることが多い。さらに、ホームパーティで使うグッズやコスプレ用の衣装なども取りそろえている店舗もある。日本のハロウィン(10月31日)は、若者が仮装して街にくり出す日となっているが、その衣装を仕入れる場所としても人気が高い。

ディスカウントストアの特徴

ディスカウントストアの特徴

大型ディスカウントストアのほとんどは、複数階の建物で営業している。販売する品物のジャンルが多彩なため、「食料品」「家電」など、階ごとにジャンルを分けて商品が置かれている。東京都などでは街なかに立つ店もあるが、それ以外の地域では、郊外の、大きな道路沿いの広々とした土地に立っていることが多い。

ディスカウントストアのPOP

ディスカウントストアのPOP

店の棚に商品がぎっしりと並ぶのがディスカウントストアの特徴。ある有名チェーン店では、商品がフロアにたくさん置かれ、人の通る道は細く複雑に入り組んでいる。商品の脇には、値段や商品説明、店員のおすすめポイントなどが手書きで書かれた「POP」というカードが置かれていることが多い。POPはデザインや字体も独特で、POP担当の職人が制作している店もある。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする