スーパーマーケット

スーパーマーケット

Update:

どこの街にも必ずあり、日常生活で必要なものがなんでも揃うスーパーマーケット。「品ぞろえがいい、安いスーパーマーケットが、自宅の近所にあるかどうか」は、人々の生活の満足度に大きく関わるほど重要なもの。

日本のスーパーマーケットの歴史

日本のスーパーマーケットの歴史

日本のスーパーマーケットは、1950年代に登場したとされる。売り場にある商品を自分でカゴに入れて、レジに持っていくスーパーマーケットのスタイルは、この頃から始まった。その後は、大企業が各地にチェーン展開のスーパーマーケットを展開し、日本人の生活になくてはならない存在となった。今では、端から端まで見渡せる小さな規模の店から、数階建ての大きな店まで、さまざまな規模の店がある。

日本のスーパーマーケットで買える物

日本のスーパーマーケットで買える物

スーパーマーケットで主に買われるのは食料品。生の野菜や、サケやアジといった魚、豚や牛、鶏といった肉など、日本人が家庭で食べる食料がずらりと並ぶ。そのほか、カレーやラーメンなどのレトルト食品、塩や砂糖、醤油などの調味料、牛乳や野菜ジュース、水などの飲み物も売られている。また、電子レンジで温めるだけで食べられる「冷凍食品」も充実しており、中華料理の「チャーハン」や「鶏の唐揚げ」といったものがある。さらに、歯ブラシや洗剤といった生活用品、衣服などが売られていることもある。

日本のスーパーマーケットの特徴

日本のスーパーマーケットの特徴

店内の照明が明るく、BGMが流れていることが多い。野菜や魚、肉などが置かれる棚は冷気が出ており、常時、冷やされている。食品売り場には「試食コーナー」が設けられていることがあり、その日の目玉となる食品について、調理済みの料理が皿に置かれる。客はそれを食べて味見し、食品を買う際の参考にする。サツマイモを焼いた「焼き芋」を店内で売っているケースもあり、匂いを店内に漂わせる装置を置いて、食品の魅力をアピールしていることもある。

日本のスーパーマーケットの営業時間

日本のスーパーマーケットの営業時間

以前は10時〜22時などの時間帯で営業しているスーパーマーケットが多数だったが、最近では、24時間営業の店舗も増えてきている。特に客が多くなる時間帯は夕方から夜で、主婦や会社帰りの人たちが食品を求めて来店することが多い。時間によっては、レジで会計を待つ人がずらりと並ぶ光景も珍しくない。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする