アメリカ・ハワイ料理

アメリカ・ハワイ料理

Update: 2016/11/15

世界的に普及しているアメリカ・ハワイ料理。日本でもハンバーガーやフライドポテト、ニューヨークスタイルのステーキなどが、若者を中心に人気が高い。一方、ロコモコのようなハワイ系の料理も人気がある。

日本のアメリカ・ハワイ料理の歴史

日本のアメリカ・ハワイ料理の歴史

戦後の日本には、あらゆる文化がアメリカから流入してきた。食文化において、アメリカ料理の普及の先駆けとなったのはハンバーガーだ。1970年ごろにアメリカの有名チェーン店が日本に出店して以降、安くておいしいファストフードとして定着。その後ハンバーガー以外の店も登場し、ステーキやアメリカンピザも普及していった。ハワイのローカル料理は、1990年代後半ごろから日本でブームになった。日本人にとって人気の高い観光地であるハワイ。旅先で味わった料理を日本でも楽しめるとあって、人気が高まったと考えられる。

ハンバーガー

ハンバーガー

ハンバーガーは日本でもっとも人気のあるファストフード。海外から参入したチェーン店もあれば、日本企業が展開するチェーン店もあり、日本全国どこに行っても目にするだろう。特に高校生や大学生といった若者たちは、安くてボリューミーなハンバーガーを好む。2000年以降は、各地域の名産を使い、地域ごとに独自のスタイルで出す「ご当地バーガー」というものも出ている。

ロコモコ

ロコモコ

ハワイ発祥の料理の中でも、特に日本人に人気なのがロコモコ。白いご飯の上にハンバーグと目玉焼きを乗せ、ソースをかけて食べる。カレーとご飯を一緒に食べるカレーライスや、ご飯の上に肉や魚をのせて一緒に食べるどんぶりなど、日本人はご飯と何かを一緒に食べる料理を好む。ロコモコもそれに近い。コンビニエンスストアのお弁当コーナーにロコモコが売られていることもある。

日本で食べるなら

日本で食べるなら

ハンバーガーやステーキ、アメリカンピザはそれぞれ人気を誇っており、各料理の専門店やファストフード店が日本に存在する。アメリカと比べると、日本ではサイズが小さく、薄めの味付けにアレンジされていることが多い。ステーキは、東京都の六本木や丸の内にアメリカの有名高級店が出店。アメリカンピザはレストランだけでなくデリバリーでも食べられる。ハワイ料理店も増えており、東京都の渋谷や中目黒に多い。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする