ドイツ料理

ドイツ料理

Update:

日本人の中で、ドイツ料理を幅広く楽しむ人は決して多くない。ただし、ドイツ料理の代表である「ソーセージ」と「ドイツビール」に関しては、専門店やイベントが多数あり、日本人の好むところとなっている。

日本のドイツ料理の歴史

日本のドイツ料理の歴史

昔から日本人には、ソーセージとビールがドイツ料理の代表というイメージが根付いていた。2000年以降には、東京都や神奈川県にある大型の公園を使って、ドイツビールの野外イベントが頻繁に行われるようになり、今では季節のイベントとして人気が増している。加えて、ドイツのソーセージやビールを提供するドイツ料理店なども注目を集めつつある。

ソーセージ

ソーセージ

ソーセージは日本の家庭でもよく食べられている。ひと口で食べられる小さいサイズは「ウインナーソーセージ」、大きいサイズのソーセージは「フランクフルトソーセージ」というように、発祥となった地域の名がつけられている。小さなソーセージはお弁当のおかずとして定番。また家庭料理において、洋風のスープや、パスタ、炒飯やピラフなどの具材として使われる。ファミリーレストランやドイツ料理店では、大きなソーセージを焼いたものにマスタードやケチャップをつけて食べるメニューもよく見かける。

ドイツビール

ドイツビール

日本人はビールが非常に好きで、お酒を飲むときの一杯目は「とりあえずビールで」という人も多い。夏には期間限定で屋外のビアガーデンが出店されることもある。そのため、ドイツビールにも関心が高く、わざわざドイツビールを飲むために専門店に足を運んだり、インターネットで購入する人もいる。

日本で食べるなら

日本で食べるなら

日本では、ドイツビールやソーセージの店が多く、東京都では新宿や渋谷などにドイツビールを何種類も提供する有名店がある。ビアホールのような雰囲気の店も多く、渋谷ではダンスイベントが行われる店もある。東京都の六本木では、ドイツ伝統のいろいろなソーセージをランチやディナーでリーズナブルに楽しめる店も人気。また、東京都の赤坂などには、ドイツワインがそろう店もある。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする