ネパール料理

ネパール料理

Update:

小さい頃から「家庭の味」としてカレーをよく食べる日本人の中には、カレーが盛んな地域の料理を好む人が多数。以前は「カレーといえばインド」だったが、最近は「ネパール料理のカレー」も日本で話題となりつつある。

日本のネパール料理の歴史

日本のネパール料理の歴史

「ネパール料理」として日本人がまずイメージするのはカレー。2000年以降は日本にインドカレーの店がたくさんできたが、同時に「ネパールカレー」も脚光を浴びた。どの街にもあるわけではないが、ジワジワとネパール料理店は増えている。なお、日本人にとってインド料理とネパール料理の境が曖昧なこともあり、両方の料理を扱う店も多い。

タルカリ(ネパールカレー)

タルカリ(ネパールカレー)

「タルカリ」はネパール語でオカズという意味だが、日本ではネパールカレーを指すことがほとんど。タルカリに使われるスパイスは「マサラ」というもので、さまざまな種類のマサラがブレンドされる。インドカレーに比べて、使う油の量が少なく、サラサラしているのが特徴。

モモ(ネパール餃子)

モモ(ネパール餃子)

日本では、細かく刻んだ肉と野菜を小麦粉の皮に包んで焼く餃子が人気で、子どもから大人まで家や店で食べられている。その餃子に似たネパール料理の「モモ」は、「ネパール餃子」として好む日本人が多い。モモは、肉と野菜を刻んで皮で包み蒸したもの。これにやや辛めのタレをつけて食べる。

日本で食べるなら

日本で食べるなら

東京都の恵比寿や中板橋には、専門店がある。多くの料理店ではネパール人がシェフを務めており、本場仕込みのタルカリなどを味わえる。ネパール料理専門店は少しずつ増加。また、ネパール人シェフが勤めるインド料理店も非常に多いので、インド料理店でネパール料理を食べられるか確認してみるのも良い。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする