ピザ

ピザ

Update: 2016/11/16

飲食店や家など、日本のさまざまなシーンで食べられるピザ。デリバリーサービスも一般的になるなど、日本人にとって馴染み深いものと言える。

日本のピザの歴史

日本のピザの歴史

日本にピザが入った経緯は諸説あるが、1940年代後半にイタリア人によって持ち込まれた説が有力である。その後、イタリア料理ブームの到来とともに、ピザ専門店やイタリア料理店が増加。スーパーでの冷凍ピザの販売やピザのデリバリーサービスも登場。これらが人気を博し、ピザは日本でメジャーな食べ物となった。

ピザの種類

ピザの種類

日本ではアメリカンピザとイタリアンピザのどちらもよく食べられている。日本のピザは丸いのが一般的だ。イタリアンピザでは、マルゲリータのようなトマトやチーズをたっぷりと使ったピザが人気。切り刻んだキノコをのせて焼いたピザも好まれている。マヨネーズやコーン、明太子や餅を使った、日本独自のアレンジを加えたピザもある。

日本でピザが食べられる場所

日本でピザが食べられる場所

ピザ専門店は決して多いとは言えないが、各地に見られる。東京都などの都心部に多い。釜を使って焼きたてのピザを出す専門店もある。イタリア料理店は非常に多くあり、そこでピザを食べることも可能。デリバリーサービスは何社もあり、電話やインターネットで注文すれば、指定の住所まで出来立てを届けてくれる。スーパーやコンビニなどで、冷凍のピザも販売されている。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする