ピザ

ピザ

Update: 2016/12/19

レストランや家庭での食事、パーティなど、日本のさまざまなシーンで食べられるピザ。ピザのデリバリー専門店も飛躍的に店舗数を増やすなど、日本人にとって馴染み深いメニューであるピザを紹介しよう。

日本のピザの歴史

日本のピザの歴史

日本に初めてピザが入った経緯は諸説あり、1940年代にイタリア人によって持ち込まれたという説が最も有力である。その後、いわゆる「イタ飯」ブームの到来とともに、ピザを食べる事のできる店が倍増。喫茶店で提供されるピザトーストやスーパーでの冷凍ピザの販売、焼きたてピザのデリバリーサービスが登場。これらが日本人の食文化に受け入れられ、人気を博したことでピザはメジャーな食べ物になった。

ピザの種類

ピザの種類

日本では、パン生地で作るアメリカンピザも、ピザ生地で作るイタリアンピザのどちらもよく食べられている。日本で食べられるピザは丸いのが一般的だ。イタリアンピザでは、生地のもちっとしたナポリピッツァも生地の薄いミラノピッツァも人気だが、マルゲリータのようなモッツァレラチーズをたっぷりと使ったピザが特に人気だ。マヨネーズやコーンなどのピザは子供達に人気で、明太子や餅を使った上に海海苔を散りばめた、日本独自のアレンジを加えたピザもある。

日本でピザが食べられる場所

日本でピザが食べられる場所

日本全国にピザが食べられるイタリア料理店は非常に多くある。しかしピザ専門店は決して多いとは言えず、本格的なピザ釜を使って焼きたてのピザを出す専門店は東京都に集中している。一方、デリバリーサービスは何社もあり、電話やインターネットで注文すれば、指定の住所まで出来立てを届けてくれる。また、スーパーマーケットやコンビニエンスストアなどでも、オープンで手軽に焼いて食べられる冷凍のピザが販売されている。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする