中華料理

中華料理

Update:

同じアジアの国ということもあり、中華料理は日本でもよく食べられる定番料理だ。本場顔負けの味で人気を集める店やメニューがあり、また「餃子」のように中国とは異なる食べ方で愛されているメニューもある。

日本の中華料理の歴史

1950年ごろから、中国の料理人が日本にわたってきたことにより、中華料理が広まったといわれる。高級料理として中華料理を食べることもあるが、基本的には子どもから大人まで、家庭で食べたり、専門店やチェーン店で食べたりするなど、日常的なメニューとして日本人に定着。ご飯を炒めて食べる中華料理の炒飯は、家庭の味といわれることもある。肉や野菜を皮で包む中華料理の餃子は、中国では茹でて食べる水餃子が一般的ながら、日本では茹でずに焼いて食べる焼き餃子が流行。今や国民の大半が愛する定番料理となった。

日本での定番メニュー

ラーメンは日本で独自の発展を遂げて、もはや国民食といえるほどに浸透している。そのほかにも、フワッとした白い生地で肉を包んで蒸した肉まんも好まれる。肉まんはコンビニエンスストアやスーパーで売られ、冬には多くの人が買う。辛味のある中華料理も好まれていて、豆腐とひき肉を炒め、辛味ととろみで仕上げる麻婆豆腐(写真)や、辛味のあるスープに麺を入れて食べる担々麺なども人気。本場の中国に比べると辛味を抑えてあることが多い。

日本での楽しみ方

中華料理店は全国各地に多数あり、大半は中国人のシェフやスタッフが働いている。神奈川県の横浜には「中華街」があり、中華料理の店が軒並み集まっている。中華料理のいろいろなメニューを少しずつ味わう点心を楽しめる店もあり、時間制で何十種類ものメニューを食べ放題形式にしている店もある。ディナー向けの高級店から、ビジネスマンがランチに立ち寄れるような大衆店まで、中華料理店は幅広く親しまれている。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする