ゴルフ

ゴルフ

Update:

日本では社会人の社交の一種としてもゴルフが親しまれている。国内や海外のツアーが民放でテレビ中継され、国民的なスポーツして人気が高い。東京近郊はもちろん、リゾート地などでのプレーも人気が高い。

日本のゴルフとは

ゴルフは主にサラリーマンの中高年層に人気があり、上司や取引先とプレーする「接待ゴルフ」があるなど、社交場としての役割も持っている。乗用車でゴルフ場に行く場合が一般的であり、1ラウンド1万円前後が平均予算である。ゴルフ場は戦前から造られていたが、近年では若者がゴルフから離れており、そのためバブル崩壊以降は閉鎖するゴルフ場も多い。

日本のゴルフの楽しみ方

土日など休日にプレーするサラリーマンが大半である一方、定年退職後に趣味としてゴルフ場に通う人も多い。そのため、ゴルフ場では平日よりも土日の方が料金が高い場合が一般的である。また、以前は男性プレーヤーが多数を占めていたが、日本人の女性プロ選手の活躍の影響で、女性愛好家も少しずつ増え始めている。ゴルフ練習場も利用するが、パターマットを購入して自宅で練習する人やレッスンに通う人もいる。

有名なゴルフ場

東京都では府中や多摩、八王子などのアクセスのよいところにゴルフ場があり、電車でも行けるところやクラブのレンタルをしてくれるところもある。静岡県伊東市や埼玉県狭山市などでは、トーナメントが開催されることもある。一年を通して温暖な宮﨑県や鹿児島県、沖縄県もゴルフ地として人気で、夏の北海道など雄大な自然が楽しめるところも人気がある。

ゴルフ練習場

打ちっぱなしといわれるゴルフの練習場が、さまざまなところにある。自分のクラブを持っていってもいいし、その場でレンタルしてもよい。グローブだけは自分のものを用意したい。忙しいサラリーマン向けに、ナイター営業として深夜まで営業している練習場も多く、都心のゴルフ愛好家はこの練習場で腕を磨く。また、インドアゴルフとよばれるスイング解析などができる練習場も人気。

ゴルフグッズの買い方

ゴルフ用品専門店で購入する場合が多いが、新橋や上野などのサラリーマンが多いエリアでは、中古のクラブなどのゴルフグッズを売る店も点在している。また、ゴルフを始めるきっかけとして父親や上司からクラブを譲り受けるという文化もある。日本でゴルフクラブを購入した場合、機内持ち込みは禁止なので、手荷物として預けるように気をつけたい。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする