ホテル

ホテル

Update:

数あるタイプの宿泊施設のうち、もっとも利用者が多いホテル。日本のホテルの特徴や、利用の仕方などを説明していく。

シティホテル

主に都心部に位置する大型ホテル。有名和食料理店や、ラウンジ、バーなどを併設しており、宿泊以外の利用者も多い。サービスや施設のクオリティが高く、株主総会の会社行事などもよく開かれている。

リゾートホテル、ビジネスホテル

比較的安価で宿泊できるビジネスホテル。駅近くにあることが多く、移動に不便しない。一方リゾートホテルは、観光地においてその特性を活かしたサービスを提供。温泉や景色など、レジャー目的が多い。

複合型施設としてのホテル

大型のシティホテルでは、結婚式場を併設しているところもある。ウェディングプランでは、全ての用意から希望する演出までをホテル側が行ってくれる。他にもプールなどのアトラクション施設を併設したホテルは子どもに人気が高い。

コンセプトルーム

日本のポップカルチャーにあやかり、部屋のインテリアにアニメなどのキャラクターがふんだんに使われてる「コンセプトルーム」なるものも。オリジナルグッズやメニューなどがめじろおし。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする