日本のお風呂文化とお風呂の使用方法

日本のお風呂文化とお風呂の使用方法

Update:

日本人はお風呂をこよなく愛する人種である。そんな日本人のお風呂文化と入浴方法の注意点などについて解説しよう。

日本特有のお風呂文化


日本人は、湯舟にお湯を入れてゆっくりと浸かることを好む。他人と一緒に入浴する、大浴場や銭湯などでは水着を着用せず、裸のままはいる。

日本の一般的なお風呂

日本の家庭によく見られる一般的なお風呂場は、浴槽と洗い場が別々になっている。浴槽と洗い場が別々になっているお風呂場では、洗い場で頭や体を洗う。

一般的なホテルのユニットバス

ビジネスホテルなどの浴室は、トイレ、洗面台、浴槽が一体になったユニットバスが一般的である。あまり広いとは言えないので、ユニットバスの場合は浴槽の中で体を洗いシャワーを浴びる。トイレの方までお湯が飛び散らないよう、浴槽に備えつけのカーテンを閉めて使用する。

ホテルの大浴場

客室内の浴室とは別に大浴場が設置されているホテルもある。基本的に大浴場は男湯と女湯に分かれている。脱衣場で服を脱ぎ、荷物をロッカーやカゴに入れる。貴重品は部屋に置いておくか、フロントに預けたほうが安心だ。

大浴場でのマナーと注意点

大浴場では、他の人への配慮が大切である。シャワー使用時には、お湯が周囲の人にかからないようにする。湯船に入る時は髪の毛やタオルがつからないようにしよう。湯船の中で泳ぐのは禁止だ。最後、使った場所はきれいに片付けること。その際、体もサッと流すとよい。

民宿やペンションの共同浴場

民宿やペンション、小さな旅館などの場合は、アウトバスといって部屋専用の浴室がないことがある。小さな共同場が一般的で、ここでも周りの人に気を使って入浴しよう。

日帰りの共同浴場や温泉もある

日本には、泊まらなくてもお風呂だけを楽しめる、「銭湯」や「日帰り温泉」がたくさん存在する。共同浴場に入浴する際は受付で入浴料を支払うシステムだ。

まとめ

お風呂は、日本の文化を手軽に体感できるところである。マナーを守って、心地よい時間が過ごしてほしい。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする