ドラッグストア

ドラッグストア

Update:

医薬品、化粧品をはじめ、食料品などの日用品雑貨を幅広く取り揃えるドラッグストアについて解説する。

ドラッグストアの歴史

日本でドラッグストアが登場したのは1970年代。利便性のよいアメリカの薬局を模倣したことが始まりだった。それまでの薬局よりも商品を割安に購入できるため、主婦層を中心に高い支持を集める。

ドラッグストアの需要

遅い時間まで営業しており、生活で必要なものは大体揃う。それに加え、医薬品や健康食品などのアドバイスもできる専門性が備わっている。最近では、ドラッグストアへ買い物に行く外国人観光客が増えている。

質の良い日本製品

高品質で安全性が高い日本製品が外国人に人気。なかでも、日本メーカーの乳児用おむつは、大量に購入して自国へ持って帰るほどだ。また、いくつあっても困らない消耗品は、手頃な価格で買え、お土産としても需要が高い。

日本発の便利な商品

発想の豊かさが光る商品も好評価だ。疲れた目を温める「アイマスク」や、疲れた足のほてりをとる「冷却シート」は、手軽にリラックスできる商品として愛されている。

安価で買える日本のお菓子

ドラッグストアでは日本で定番のお菓子が、定価よりもだいぶ安く購入できる。おいしいと定評の日本のお菓子はお土産に大人気である。日にちや店舗によって変わるセール商品は見逃せない。

女性が買って帰りたい商品はやはり化粧品だろう。メーカー化粧品も、ディスカウント価格で手に入る。大型店には大抵、専属の美容部員がいるため、どれを買おうか迷った時の助けになる。実際に試せるのも魅力。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする