ファッション専門店

ファッション専門店

Update: 2016/03/22

日本における代表的なファッション街やファッションビルの他、日本独自の服装である着物の専門店についても紹介する。

東京の代表的なファッション街

若者が集うのは、渋谷や原宿。代官山や表参道は高級志向の人が集まる。古着屋や個性的なお店が多いのは下北沢。幅広い層に対応して、セレブ向けのお店が並んでいるのは銀座。高齢者向けのお店が多いところとしては巣鴨があげられる。

東京以外のファッション街

基本的には都心部の駅周辺には、老若男女に対応したお店が多いのが特徴。その他は、若者向けに特化したエリアがいくつかある。大阪にあるアメリカ村は、通称アメ村と呼ばれる、若者文化の発信地。アメリカからの輸入ブランドが多く、比較的リーズナブルな値段で購入できるので人気がある。福岡では、大名というエリアが、若者が集まる街として注目されている。

着物・浴衣専門店

人気の観光地・京都では、和装をして日本らしい風情がある通りを歩いて回る観光が人気。ファッション専門店としては、着物の専門店がいくつも存在しており、着物のレンタルを行っている。着付けの仕方や日本文化についても教わることができるので、その部分も含めて人気が高い。一般的な洋服と比べて高額なので、きちんとお店と相談して購入しよう。

ファッションビル

ファッションビルは、市街地の中心に存在する。階によって、主要となるターゲットが変わるのが特徴。ファッションビルはたいてい1階が高級化粧品やジュエリー専門店がメインで、2階より上にファッション専門店が入っている。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする