百貨店

百貨店

Update:

百貨店とは、1つの建物の中に専門店やブランド店、レストランなど、さまざまなお店が入っている大型小売店である。デパートも同意。

百貨店の歴史

日本で初めての百貨店は1904年、現在の「三越」が「三越呉服店」を設立したのが始まりとされている。

デパ地下

百貨店の地下には「デパートの地下」を意味する通称「デパ地下」があり、食品やスイーツ、お惣菜、生鮮食品が並ぶ。特にスイーツのショーケースは見た目が美しく、宝石店と見間違えるほど。

物産展

デパ地下や催事場では、期間限定で、日本中の名産品、駅弁などを地域別に特集し、販売している百貨店がある。その土地に行くことなくおいしい名産品を購入でき、人気のイベントである。

エレベーターガール

百貨店のエレベーターには「エレベーターガール」と呼ばれる女性従業員がいることがある。最近は少なくなってきたが、エレベーターを止めてくれたり、館内案内をしてくれる。

最上階にはレストラン

百貨店の最上階は、飲食店やカフェがあるレストランフロアのことが多い。やや高めの価格帯のお店が多いが、洋食、和食、中華…とさまざまなジャンルの飲食店があり、選ぶのも楽しい。また、昼時は混雑し行列になることも多いので注意。

清潔なトイレ

百貨店のトイレは清潔であることが多い。最近では、トイレの使いやすさやデザインを工夫している百貨店も多い。トイレ付近には冷水機や休憩用のソファが設置されていることが多い。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする