洋服の試着

洋服の試着

Update:

試着の際に知っておきたいマナーやポイントを紹介する。

無断試着はNG

試着する際には、店員に試着したい旨を伝えるのがマナーである。何点試着したいかを確認し、試着室を案内されてから、試着するのが一般的な流れ。

フェイスカバー

セーターなど前開きではないトップスを試着する場合には、服に化粧品や汚れがつくのを防ぐために、フェイスカバーを使用する。試着室の中に置いてあるか、店員が手渡してくれる。

お直し

デニムなどのボトムスを購入する際、裾上げをしたいときは、試着後、店員に声をかけよう、適切な長さに調整し、裾をピンで止めてくれる。仕上がりまでに必要な時間は店舗により異なる。また、裾上げのサービスを行っていない店舗もあるので確認を。

靴の試着

靴を試着するときは、かかとを踏んだり、つま先でトントンとすることはNG。また無理に履こうとせず、靴べらを使用するなど靴を丁寧に扱って。

メガネの試着

レンズに直接手を触れることはやめよう。かけたりはずしたりする際は、必ず両手でメガネを持つこと。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする