弁当

弁当

Update: 2016/12/29

1つの容器に、ご飯とさまざまなおかずを彩りよく詰め合わせた携帯食「弁当」を紹介する。日本では家庭で作った弁当が学校や職場で昼食時に食べられたり、市販の弁当がコンビニエンスストアやスーパーでも売られたりしている。

弁当のはじまり

弁当のはじまり

ご飯を握り固めた「おにぎり」や、炊いたご飯を乾燥させたものが原型。日本が貧しい時代、ご飯と梅干しだけでおかずがない弁当もあった。その後は彩りが良く見た目が美しく、栄養バランスにも富んだものになっていく。

日本の家庭の弁当

日本の家庭の弁当

日本では、親が子どもに弁当を作ることが多い。毎日の昼食に加え、イベントがあると、品目や量を増やして豪華な弁当を作ることも。最近では子どもを喜ばせようと、食材でキャラクターなどを再現した「キャラ弁」など、手の込んだ弁当を作る人もいる。
弁当箱も多様だ。女性向けにデザインを重視したものや、汁物も入れられるもの、保温性の高いものなど用途に合わせて選べる。

旅情を誘う「駅弁」

旅情を誘う「駅弁」

電車の中で食べるために駅や電車内で販売されている弁当。駅弁には、その土地の名物などを使った料理が詰められていることが多い。以前は、駅のホームに弁当を売る売り子がいたが、現在は駅の売店など、店頭で販売されている。

日本で弁当が買えるところ

日本で弁当が買えるところ

日本では弁当はスーパーマーケット、コンビニエンスストアなどで気軽に買うことができる。市販の弁当は、冷たいままでも美味しく食べられるよう、様々な工夫がされている。また、注文を受けてからお弁当を作ってくれるお店もあり、都心部ではニーズが高い。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする